FC2ブログ

ブレーキランプが点きっぱなし ~ ブレーキレバー回りの清掃とモトロニックの再設定

 運行前点検をしたら、ブレーキランプが点きっぱなしになっていることがわかりました。
 いったい何時から点きっぱなしになっていたのか・・・
 考えられるところとしては、ブレーキランプスイッチの故障でしょう。
 ということで、ブレーキペダル、ブレーキレバーを踏み踏み、にぎにぎしてみたところ、どうもブレーキレバーの動きが悪く、スイッチを押すまで戻り切っていないことがわかりました。

ブレーキランプスイッチ
 レバーが戻り切らず、ストッパーと隙間ができています。
 その結果、スイッチが押されていませんでした。

ブレーキランプスイッチ
 下から見たところ
 マイナスねじ2本で固定されているのがスイッチです。
 レバーが戻り切らず、スイッチが押し込まれていません。

ブレーキランプスイッチ
 スイッチを外してみました。
 やはりスイッチは壊れていないようです。
 スイッチが壊れていたら、これだけでも結構な値段がしますから・・・
 とうことで、ブレーキレバーを分解して掃除することにしました。

ブレーキレバーの固定ボルト
 ブレーキレバーを固定しているボルトを外しました。
 このボルト自体も結構汚れて、油っ気が全くありませんでした。

ブレーキレバー
 外したレバー
 ブレーキマスターシリンダーを押すロッドです。
 ボールジョイント部も全く油っ気がなくなっていました。

フロントブレーキマスターシリンダー
 最悪なのはこれ
 マスターシリンダーのブーツを外したらびっくりです。
 何かが固着してました。
 マイナスドライバーで削ってみたら簡単に取れましたが、塗装は完全に腐食されていました。
 幸い金属部は腐食されていませんでした。
 今回は掃除だけしましたが、マスターシリンダーのリペアキットを買ってオーバーホールする必要があると思います。

ブレーキレバー
 外したレバーは掃除してグリスアップ
 マスターシリンダーのブーツにもグリスを入れて取付しました。

完了
 組み立て完了
 レバーの動きが良くなりました。
 スイッチのカチカチ音が聞こえてきました。
 来年2月に車検を向かえるので、それまでにフロントブレーキパッド交換とブレーキマスターシリンダーのオーバーホールをしたいと思います。
 それと、そろそろフロントブレーキキャリパーもオーバーホールですかね。

テールランプ
 ちゃんとブレーキランプが消えるようになりました。

 今回はついでに、モトロニックのスロットルポジションの再設定もやってみました。
 でも、R1150系の設定方法なので、R1100でもちゃんと再設定されるかは不明です。


 1.エンジンキーをONにする(エンジンはかけない)
 2.スロットルを全閉から全開を2回くらい繰返す
 3.エンジンキーをOFFにする
 この手順を行うと、モトロニックがスロットルの全閉・全開のポジションを認識するそうです。
 モトロニックがアイドリングを認識せず、アイドリングが不安定になるのを改善してくれることがあるそうです。
 もともと、私のRT号はアイドリングは安定していると思うので、エンジン掛けても全く変化はありませんでした。

110,438km
 走行距離11万キロを超えました。

 次の日の朝、出勤のとき、えらくエンジンの調子が良くなりました。
 これはブレーキレバーをきれいにしたことは関係ないと思うので、モトロニックの再設定の効果が出たのでしょうか?
 それとも、気温が冷え込んだことによって調子が良くなったのか?
 でも、帰宅時も調子よかったので、どうなんでしょう・・・気のせいかな
 燃費に期待したいと思います。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : R1100RT バイク bmw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR