FC2ブログ

RT号のリアブレーキパッドの交換

 この日も雨、本当は白馬まで乗っていった218dを洗車したかったのですが、断念しました。
 でも、ブレーキダストで真っ黒になっていたホイールだけはきれいにしておきました。
 そのついでではないですが、リアブレーキパッドが限界を迎えているような気がするので、点検することにしました。

リアブレーキキャリパー
 ここから見てもパッドの減り具合は見えませんが、テイル方向からライトで照らしながら隙間をのぞくと確認できます。

パッドピン
 キャリパーボルトを外す前にパッドピンを外した方がいいのですが、いつも忘れるんです。
 今回は思い出して先に外しました。
 キャリパー外してからだと、たたき出すときに動き回ってやりにくいです。

新旧ブレーキパッド
 やはり、パッドはかなり摩耗しておりました。
 下が新品ですから全然違いますよね。

ピストン
 キャリパーを中性洗剤とブラシできれいにして、ピストンのもみもみをしましたが、めちゃくちゃスムーズに動きました。
 ちょうど去年の9月下旬にキャリパーのオーバーホールをしているからだと思います。
 まだ、フロントをやっていないのでやらないと。

パッドピン
 パッドピンはオーバーホールのときにステンレス製のものに換えています。
 若干変色はしていますが、引っ掛かるような傷はありませんでした。

作業後
 パッドのシム側にアストロプロダクツで買ったグリスを薄く塗って、元どおりにしました。
 キャリパーボルトの締め付けトルクは40Nmです。

作業後
 うむ、美しい。
 しかし、

トップケース破損
 トップケースを開けたとたんに、ストッパーがブチっといっちゃいました。
 機能的には問題はないのですが、やっぱり直したいです。

トップケース破損
 でも、ブチっといったベルトがリールの中に入っちゃって取り出せそうにありません。
 また時間のある時に何とかしたいと思います。

 さて、今回のリアブレーキパッドの交換については、前回交換から約8,000kmでした。
 実は前回のパッドは約1,000円で買いました。
 その前も約1,000円、その前がフェロードプラチナムでした。
 フェロードでも激安のでも交換サイクルは約8,000kmで、制動力に違いは感じられませんでした。
 ということで、今回以降もリアに関しては激安パッドで行きます。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

tag : バイク R1100RT ブレーキパッド交換

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR