FC2ブログ

スポーツシティー・フロントフォークの初メンテナンス

 このところ、カミさんも近場のお出かけに、少しではありますが自分のバイクに乗るようになりました。
 しかし、先日バイクカバーのかかった前輪下のコンクリートにシミを発見しました。

フォークオイル漏れ
 これが、そのシミです。
 ちょうどフロントフォークの真下だったので、これはと思いよく見てみると、ダストシールから下へオイルがべったり付いていました。
 駐輪中は染み出している様子はなかったので、走行中に漏れ出たものが、駐輪してからポタッ、ポタッと落ちたものだと思います。

オイルシールとダストシール
 間違いなくオイルシールの劣化と判断し、ヤフオクでダストシールと一緒に落札しました。
 今回はたまたま純正品がセットでヤフオクに出てて助かりました。
 でも、オイルシールはサイズを合わせれば、純正でなくてもよさそうです。

漏れたオイルでベトベト
 センタースタンドを立てていると、フロントタイヤが接地するので、あらかじめジャッキでフロントを持ち上げておきました。
 フロントフェンダー、フロントブレーキキャリパー、タイヤを外し、さらにフォークに付いているフェンダーの土台を外すと、流れ出たオイルでベトベトになっていました。

サークリップ
 フロントフォークを外すため、フロントパネル(ヘッドライトごと)を外し、インナーチューブを固定しているボルト2本を外しました。
 これは緩めるだけでもいいと思います。
 さらにインナーチューブの頭についているサークリップ(フロントフォークがすっこ抜けいないようにしている針金)を外すと、スポッとフロントフォークが抜けて落ちます。

キャップ
 インナーチューブはそのままでは、アウターから引き抜けないので、まずインナーチューブの頭にあるキャップを六角かトルクスで外しました。
 キャップを回しているとシューっと空気が入るのか抜けるのか音がしました。
 キャップは外れると同時に中のバネに押されて飛んでしまうので要注意です。
 後はバネを引き抜いて、中の古いオイルを出しました。
 独特のくさい臭いが充満しました。

エクステンションバー
 インナーチューブ内のポンプを外すため、エクステンションバーに六角ソケットを付けて、ポンプに差し込んでおきました。

ローワースクリュー
 そして、アウターの底のボルトを回しました。
 先ほどのポンプに六角を差し込んだのは、アウター底のボルトを回したときにポンプが一緒に回らないようにするためです。そうしないと空回りしてポンプは外せません。
 実は用意していたマニュアルのフォークとカミさんのバイクのフォークは基本構造は同じでも、ところどころ違うところがあり、最初この作業は非常に手こずりました。

ポンプ
 ポンプと小さなスプリング、バッファーがインナーチューブの中から外れてきました。
 これで、インナーチューブがアウターから引き抜けるようになりました。
 インナーチューブを引き抜き、ダストシールとオイルシールを外し、すべてパーツクリーナーできれいにしました。
 ダストシールに破れはなかったのですが、経年劣化していることは間違いないでしょう。

フォークの分解
 分解清掃したものです。
 RT号はスプリングが入っていないので、もっと簡単に作業できるのですがねぇ
 インナーチューブの常に空気に触れている上の方にポチポチと錆があったので、紙やすりを使って除去しました。 

オイルシール
 オイルシールはRT号のときにも使った塩ビ管で押さえて、ゴムハンマーでガンガン叩いて入れ込みました。
 ここの構造はRT号と全く同じで、ワッシャー入れて、オイルシール入れて、クリップで留めて、ダストシールをかぶせました。

ポンプ
 インナーチューブにポンプ一式を差し込んで、シャフトの先にバッファーを付けてからアウターに差し込んで、アウター底からボルト留めしました。
 もちろん、このときもポンプが空回りしないように、エクステンションバーに六角ソケットを付けたものを差し込みました。

スプリング
 インナーチューブにスプリングを差し込んで、新しいフォークオイルを注ぎ込みました。
 (フォークの後ろの塩ビ管がオイルシールをはめ込むときに使う特殊工具です。)

フォークオイル
 スポーツシティのフォークオイルは7.5番で左右それぞれ135mLですが、今回はより柔らかめの5番を選択しました。
 理由はフロントの突き上げ感が結構あるのと、7.5番はあまりバイク用品店に置いていないようですが、5番だとだいたい置いてあって、しかも安く手に入ります。

2本完成
 後はスプリングを留めているキャップをねじ込んで完成。

フォーク取付
 バイクに戻って、フロントフォークを差し込み、まず抜け落ちないように頭をサークリップで留めました。
 あとは、ボルト2本を締めて挟み込んで固定するだけです。

フォーク取付
 左右のフォークを取り付け、仮止めしてからホイールシャフトを差し込んでやると、フォークの向きが決まるので、それから固定しました。

シリコングリス
 ダストシール周辺にシリコングリスを塗っておきました。

完成
 後は、元どおり組みなおして完了。

完成
 近場をぐるぐる試走しました。
 舗装の荒れたところも、走ってみましたが、気になっていたフロントの突き上げ感が若干緩和されて、乗り心地が良くなりました。
 柔らかくなっても、特に不安定になるようなことはありませんでした。
 それと、オイル漏れもありませんでした。

 スポーツシティフロントフォークはRT号と違ってスプリングが入っているので、構造が複雑になっていますが、慣れてしまえばってレベルだと思いました。
 あと、カミさんが乗るバイクなので乗り心地が良くなったのは、大きいです。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

tag : スポーツシティ フロントフォーク

コメントの投稿

非公開コメント

教えて頂けないでしょうか。。。

スポーツシティキューブを乗っておりますが、当方もフロントフォークの油漏れにて
はじめてオイルシールを変えようと思っております。
インターネットで探していたら、こちらにたどり着きました。
初めてオイルシールを交換するに当たり、じっくり読ませて頂きます。
あまり知識がないのですがポンプ固定用の六角は何番を用意すればよろしいでしょうか。
どうぞ宜しくお願い致します。

No title

はじめまして
ご覧いただきありがとうございます。

スポーツシティキューブについては、なかなか面倒を見てもらえるショップがなくて困っています。
そう考えると自分でやるしかないのかなと思って、素人ながら整備をしています。
実は私もあまり知識はないのですが、思い切ってやっています。

ポンプの固定用には8mmの六角を使いました。

今まで整備をやってきて、いろんなサイズの工具がそろってきたので、合うサイズのものを使い、合うものがなかったら、近くのアストロプロダクツ(ソケットが安い)に行ってその都度買っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

No title

ご連絡ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

スポーツシティーキューブはなかなか情報がなくて困っておりました。
ポンプの内部固定用とアウターの底のボルトは両方とも8mmの六角とのことですね。
ありがとうございました。

早速アストロプロダクト行ってみます。。。

No title

すいません
トップの方はもっと大きい六角かT45あたりのトルクスでした。

No title

無事にオイルシールの交換が出来ました。
ありがとうございました。

にわか整備のため、一つ一つの作業に時間がかかりました。
次回はもう少し早く出来そうです。
ご指南頂きましてありがとうございました。

どうぞ宜しくお願い致します。

No title

お疲れさまでした。

こちらこそよろしくお願いします。
プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR