FC2ブログ

RT号のUSB電源交換

 RT号のUSB電源が壊れてしまいました。
 たぶん、大雨の日にゴムキャップをしていなかったため、USBソケットから内部に雨水が入っていしまったためだと思います。
 ということでドライブレコーダーの電源が取れず困っておりました。

USB電源とリレー等
 そこで、新しいUSB電源を購入しました。
 壊れたものと同じ
   キジマUSBポートキット・ツインタイプ・汎用
ですが、今回のはパワーアップして倍の最大出力5V,4Aまでとなっています。
 パワーアップに伴い、バッテリー直結用に
   エーモン・リレー・4極・DC12V車専用・20A
   エーモン・ミニ平型ヒューズホルダー
も購入しました。

 交換作業前に、最近気になっていた、フロントブレーキパッドの鳴きと異音の原因を調査すべく、フロントブレーキキャリパーを外してみました。

フロントブレーキパッドの確認
 パッド残量は問題ないのですが、購入したパッドはパッドピンが通る穴のところにピン金具がついていないので、たぶんそのせいでキャリパー内でパッドがカタカタ動いてしまっていると思われます。
 やはり、安物はだめです。
 次はフェロードにしよう。

壊れたUSB電源
 それでは、USB電源の交換です。
 まずは、メーター周りのカバーを外して、壊れたUSB電源を外しました。
 ちなみに元々ヘラーソケットが付いていたのを外して、穴を削って広げて取り付けていました。

新旧USB電源
 左が新しいUSB電源、右側が壊れたUSB電源です。
 サイズは全く同じですが、キャップの表示のとおり、最大電圧は倍となっています。
 ドライブレコーダーとiPhoneプラス同時接続でも余裕でしょう。

新しいUSB電源取付
 取り付けた感じ、全く変わり映えしません。

USB電源裏側
 カバーの裏側、前回と同様にカバーを取り外すときに便利なようにコネクターを取り付けました。

リレーの接続
 今回はバッテリー直結ということで、エンジンキーONに連動させるため、リレーを使いました。
 テールライトの配線から分配していただきました。
 リレーは防水ではないので、ヒューズ・リレーボックスの空いているところに格納するようにしました。

ヒューズボックスの接続
 USB電源とリレーの間に専用のヒューズボックスを取り付けました。
 こちらは防水なのでシート下に出しっぱなしです。

リレーの格納
 配線し終わったら、リレーをボックス内に押し込んで完成です。

USB電源通電
 エンジンキーONにすると、ソケットのパネルが緑色に光ります。
 壊れたUSB電源のパネルは青色でした。
 ちなみに新型のUSB電源はゴムキャップをすると電源が落ちるようになっていました。
 リレー、別に付けなくてもよかったかも。

ドライブレコーダー復活
 ドライブレコーダーを取り付け、もとどおりになりました。
 ばっちりです。

 燃料タンクを下ろしての作業だったので、ガソリンを減らしていたので、給油に行き、ついでに近くのアウトレットに立ち寄りました。

コールマン
 お目当てはコールマン
 今年は余裕があったらキャンプツーリングに行きたいなと考えています。
 しかし、1~2人用テントでも結構高い。

RID
 それと、ガソリン満タン時、RIDのメモリがいっぱいにならなくなっていたので、ついでにRID側、タンク側のコネクタを接点クリーナーしました。
 ちゃんと、給油後目盛りが最大になりました。

 電源直ったので、ドライブレコーダーが使えるようになったのと、今後遠出のためのナビ用iPhoneプラスの電源も確保できました。
 雨の日はゴムキャップのし忘れに注意したいと思います。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

tag : バイク R1100RT USB電源

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR