FC2ブログ

グランツアラー4回目のオイル交換

 愛車のエンジンオイル交換をやりました。
 12か月点検のタイミングに合わせて交換したかったのですが、週末に時間が取れなかったのと、某フリマサイトに注文したオイルフィルターが発送されてこなかったというトラブルもあり、予定より半月もずれてしまいました。

手動オイルチェンジャー
 毎回定番となったオイルの抜き取りスタイル
 タイヤをスロープに乗せて、エンジン下にもぐれるようにしています。
 それと、駐車場が道に向かって下がっているので、エンジンが水平になっているかもしれません。
 そして、オイルのレベルゲージ穴からチェンジャーのパイプを入れて、手動で吸い出してあげました。
 お出かけ後のため、オイルが暖まっていたため素早く抜くことができました。
 でも、これまでは気にしてなかったのですが、前回5Lしか入れてないのに、6Lちょっと抜けました。
 おかしいと思ってネットで調べたらクリーンディーゼルは、オイルに軽油が混ざって増えるとのことです。

廃油
 半年で真っ黒になっていました。
 毎回、思いますがメーカーが推奨する交換サイクルは1年なんですが、本当に大丈夫?
 特にうちの車は短距離走行を繰り返しているので汚れが早いのかもしれません。

作業窓
 オイルを上から抜いたら、今度はエンジン下にもぐって、フィルター交換
 エンジン下はカバーされているので、フィルター交換用の窓を開ける作業をします。
 とは言っても、留め具2つをくるっと回すだけ。

オイルフィルターカバー
 まずは14mmソケットで真ん中のスクリュープラグを外して中に溜まったオイルを落としました。
 このときオイルが降ってくるのでかぶらないように注意。
 抜けきったら、32mmソケットでフィルターケースを外しました。
 回すときOリングが効いてて粘っこいです。

オイルフィルター(左新、右旧)
 フィルターケースをきれいにして、Oリングも交換。
 Oリングには新しいオイルを塗って、するする動くようにしてケースとへばりつかないようにしておきます。
 そうしないと、付けるときにOリングがめくれたり、伸びたり、切れたりするそうです。
 オイル交換の職人さんに教えてもらいました。
 フィルターケースは使いまわしですが、スクリュープラグは新しいものに交換しました。
 フィルターキットを買うとOリング、スクリュープラグがセットになっています。
 スクリュープラグは締め付けトルク5Nmですが、手トルクで、フィルターケースは25Nmなのでトルクレンチで締めました。

使用オイル
 3回目まで使用してきた20L缶、1回5L使うので単純計算4回目まで使えるのですが、毎回ロスっている分、吸い出してみたら4Lちょっとしか残っていませんでした。
 その分は、新しい缶から出しました。
 POLO SYNPRO 1000 EURO-V 5W-30は全合成オイルで、クリーンディーゼルに対応していて、BMW LL-04にも適合しているので問題ないと思われますし、お値段もなかなかよいです。
 ジョッキで古い缶に残っていた4Lちょっとをエンジンに入れ、レベルゲージを確認しながら、やはりおおむね5Lでmaxとなりました。

オイルレベルチェック
 あと、コンピュータにもオイルレベルを測定させました。
 暖機運転後、測定開始です。


 測定を開始すると、エンジン回転が少し上がりました、タコメータを見るとちょうど1000回転になっていました。
 測定結果は「エンジンオイルレベル異常なし」ということで、完了です。
 これで、また半年乗れます。
 ゴールデンウィークや夏休み頑張ってもらわないといけませんからね。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

tag : bmw 218d グランツアラー オイル交換

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR