FC2ブログ

ミニチュア土器作り体験 ~ 焼き上げ編

 先月、千葉県立「房総のむら」にある風土記の丘資料館でミニチュア土器・土偶作りに参加し、息子が粘土をこねてミニチュア縄文土器を作りました。
 約1か月乾燥させ、先日、野焼きで焼き上げをしました。

準備
 開始時間に風土紀の丘資料館の脇の広場に行ったら、すでに火がいい感じになっていました。
 トタン板の上にごろごろ転がっているのが乾燥した土器や土偶です。
 1か月間乾燥したことによって、一回り小さくなりました。

準備
 職員の方々が熱い熱い言いながら、土器や土偶を炭の上にセットしました。

焼きはじめ
 さらに、その上から薪を乗せていきました。
 あっという間に炎に包まれ、いい感じになりました。
 この日はすごく寒かったので、見ている分には暖かくてよかったです。

焼いている途中
 真ん中で炎に包まれている息子の土器
 カメラのシャッターを押すため近づくと、肌が露出している顔が焼肉になりそうなくらい熱かったです。
 そして、職員の人が土器以外のものを焼き始めましたよ。
 せっかくの火、あれを持ってくればよかったとみんな同じことを考えていたでしょう。

焼き上がり
 焼きあがった息子のミニチュア土器
 上に乗せた薪が燃え切ったところで焼き上げ終了でした。
 素焼きというものは結構早く焼けるものだと感じました。
 ちょっと淵が欠けてしまいましたが、なかなかいい味が出ているような。
 どこに飾りましょうか。
 とうの息子は一緒に来たいとことどこかに遊びに行ってしまい、焼き上がる工程を見ませんでした。

さつま芋も焼き上がり
 そして、土器の端っこの方で焼いていた焼き芋をゲット!
 土器を焼いているときに、「さつま芋を持ってくればよかった」とみんながつぶやいていましたが、ちゃんと職員の方々が用意していました。
 房総のむらで採れたものでしょうか、グッドジョブ!
 さつま芋に塩水を浸した紙を巻き付け、その上にアルミホイールを巻いたとのことで、甘くてしっとり絶品でした。
 いい体験ができました。

梅林
 子供たちが、房総のむらでウグイスの笛を作りたいということで、上総の農家に向かう途中、梅林がありました。

梅の花
 もうそろそろ、梅は終わりですかね。

ひな人形
 広場の舞台に巨大なひな壇が、もうひな祭りは終わりましたよ。
 桜の木、1本だけ咲いてました。

ウグイス笛作り体験
 上総の農家でウグイス笛作り体験
 事前予約なしでも体験できます。
 子供たちはうまくいかないやら何やらで大騒ぎ、兄と私も横から見ていて大騒ぎでした。
 まあ、何とかできました。

 兄一家は午後も何やら体験を予約しているとのことで残り、私たちは午後から別の用事があったので房総のむらを出ました。
 房総のむらはコスプレの聖地らしいです。
 私たちにはピンときませんが、年間パスポートが東京ディ〇ニーリゾートとは違って、激安です。
 中学生以下はもともとただなんですがね。
 大人は年間1,500円ですよ!
 すでに2月から3回来ています。
 1回につき大人300円なので、買っておけばよかった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

tag : 房総のむら 土器

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR