FC2ブログ

スポーツシティのスロットルワイヤー装着(その1)

 前回は切れてしまったスロットルワイヤーのアウターチューブを活かし、新しいステンレスワイヤーをアウターチューブ内に通す作業までしました。
 タイコセットがアマゾンから届いたので、仕上げにかかりました。

キタコ・ケーブルエンド・セット
 これが届いたタイコ。
 キタコ製の非常用のものとなりますが、これを使って常用にしちゃいました。

はんだごて(60W)
 必要な道具として、はんだごて。
 低出力のものしか持っていなかったので、この際新調しました。

ステンレス用フラックス
 ステンレス用のはんだ、ステンレス用のフラックス。

ケーブルエンド取付
 タイコにワイヤーを通して、いもネジでしっかりと固定しました。
 飛び出たワイヤーは切りました。
 普通の使い方としては、これで終了なんでしょうが、あくまでも非常用ということで、長期間使っているとワイヤーが抜けてしまう場合があるそうです。

ステンレス流し込み
 そうならないために、ステンレス用フラックスを塗布して、ステンレス用のはんだをタイコの中に流し込んでやりました。

スロットルワイヤー完成
 ハンドル側(写真左)とエンジン側(写真右)の両方にタイコを取り付け完了。
 この後、スポーツシティに完成したワイヤーを通してみたのですが、私の計測ミスでステンレスワイヤーの長さが足らなかったので、もったいないですが切断し、ステンレスワイヤーのみ近くのホームセンターで再度購入し、溶かして外したタイコを付けなおしました。

スロットルワイヤー取付
 長さが足らないワイヤーを取り付けたときは、ワイヤーの遊びが全くなく、スロットルをひねると硬くてもとに戻りませんでした。
 要するにきつすぎたということです。
 作り直したワイヤーを取り付けてみたところ、スムーズにスロットルが動くようになりました。

 さて、この後はばらしたカバーを元どおりにする作業です。
 全くこのバイクはパズルのようです。
 ひとつ取り付けたら、これ取り付ける前にこっちを取り付けるなきゃダメじゃんみたいな感じで、さらにゴム類が劣化しているところもありました。

バイクカバー等取付け
 後ろから組み立てていって、ここまででタイムアウト。
 だいぶ元どおりになりました。

バイクカバー等取付け
 残すは前半分です。
 冷却水も少し減っているし、交換したいところです。
 いいファンが付いているなぁ、RT号に流用できんかなぁなんて思ったりもしました。

 それでは、今度週末で時間があるときに仕上げたいと思います。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

tag : スポーツシティ スロットルワイヤー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR