スポーツシティ250のスロットルワイヤーが切れました

 少し前のこと、RT号がオイルプレッシャースイッチ交換待ちのため使えなかったので、カミさんのスポーツシティを借りたとき、スロットルが硬くなって戻らないという現象が置きました。
 症状を簡単に説明すると、スロットルを回したらそれっきり、オートクルーズ状態。
 グリップの中に水が入って錆びて動きにくくなったのかと思い、その時はグリグリやっていたら、急に直ったので、今度時間があったら分解清掃してグリスアップしようと思っていました。

スポーツシティー250
 RT号のオイルプレッシャースイッチ交換に必要な24mmディープソケットを買うため、アストロプロダクツの開店時間までの待ち時間に、スポーツシティを洗車しました。
 ずっとほったらかしだったので、ホコリだらけだったのですが、さっぱりきれいになりました。

メーターまわり
 ということで、宿題だった分解清掃をやることに、

ハンドル右
 残念ながら、この時グリップを回してみたら、引っかかって戻りませんでした。
 サクッと分解しようと思ったのですが、意外と厄介で、スクリーンを外し、ミラーも外し、

スロットルワイヤー(ハンドル側)
 やっと、スロットルワイヤーのタイコが出てきました。
 見た目は特に異常なさそうに思ったのですが、ふとRT号のスピードメーターワイヤーが切れたときのことを思い出し、まさかと思いスロットル戻りのほうのワイヤーのタイコを手で引っ張ってみたところ、スルスルと抜けちゃいました。
 長さからして、エンジン側のタイコの付け根辺りで切れていると思われました。
 ここからが、大変でした。
 ワイヤー交換のため、カバー類を外す作業を開始しました。

正面バラシ
 ワイヤーの経路をたどるように分解していきました。
 まずは、正面。

ボディ全体
 そして、エンジンに至るまでのカバーを分解。
 ネジだらけ、パズルのように組み合わさっているカバー、あのRT号の分解でさえ、何倍も楽だと感じました。

エンジン全体
 座席周りをごっそり外すと、ほぼエンジン全体が露出しました。

スロットルボディ付近
 エンジンを上からのぞき込むと、右側の上の方にスロットルボディを発見、ワイヤーが来ていました。
 しかし、汚い!

スロットルワイヤー(エンジン側)
 下のワイヤーが切れているようです。
 それにしても、ハンドルのところからここまで、ワイヤーのひき回しが大変そうです。

 とりあえず、ワイヤーの経路は確保したので、ワイヤー本体を注文しなくてはなりません。
 このスポーツシティはヤフオクで格安にて手に入れたものなので、面倒を見てくれるショップはありません。
 ということで、インターネットで探すことにしました。
 ヤフオクで検索したところ、中古でグリップまわり一式が出ていましたが、状態は写真で判断してくださいとのことだったのでやめました。
 他にアマゾン、ヤフーショッピング等検索しましたが見当たらず。
 海外のバイクパーツの通販サイトでもなかなか見つかりませんでした。

 最後の望みとして、e-bayを検索してみたところ、1件ヒットしました。

注文
 出品者はドイツ・ブレーメンの通販会社のようです。
 ちょっと高くつきましたが、仕方ないでしょう。
 パーツ到着まで待つことにしますが、問題はあの複雑なバイクを元どおり組み立てられるかです。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR