FC2ブログ

ラバーグロメット取付、リアブレーキ回りパーツ交換

 先日、Motorworks等から届いたパーツを取り付けてみました。

 ● 今回の作業メニュー
  1 トップカウルを支えるラバーグロメットの取付
  2 オイル漏れしているオイルプレッシャースイッチの交換
  3 リアブレーキキャリパーのブリードニップルの交換
  4 リアブレーキホースの交換
  5 リアブレーキのパッドピンの交換
  6 リアマスターシリンダーのダストブーツの交換
 以上の作業を進めていく上で、まずはRT号のカウルをすべて外し、さらにガソリンタンクも下しました。

1 トップカウルを支えるラバーグロメットの取付
トップカウルの中身
 トップカウルの中身です。
 トップカウルを固定するグロメットが正面と側面いくつかありますが、正面の赤丸で囲った部分のラバーグロメットがどこへ行ってしまいました。

右グロメット
 ラバーグロメットがなくなってます。
 このグロメットは左右対称にあるので、片方のラバーがないと、まー良くないのでしょう。

ラバーグロメット取付
 新品のラバーグロメットをねじ込むようにして取り付けました。
 どうせだったら左右両方交換すればよかったかな。
 でも、1個300円くらいもするのです。
 この作業終了後、フロントフォークのブーツ付近にシリコングリスを塗りましたが、ブーツの普段は見えないところにヒビが入っているのを発見しました。

2 オイル漏れしているオイルプレッシャースイッチの交換
エンジン下回り
 左側面のエンジン下回りの写真です。
 赤丸が今回交換予定のオイルプレッシャースイッチです。
 オイル漏れのためエンジンの下回りがベトベトになってしまいました。
 作業前にエンジンオイルを一旦抜くかなと思っていたのですが、スイッチはオイルレベルより上にあるので、オイルを抜かずに作業することにしました。

オイルプレッシャースイッチ
 オイル漏れを起こしているオイルプレッシャースイッチです。
 オイル循環時に漏れ出していたのでしょう。

オイルプレッシャースイッチ端子脱
 スイッチについている端子をスライドして抜取り、パーツクリーナーでその周りをきれいにしてみました。
 エンジンオイルの汚れはなかなかしぶといです。
 さて、スイッチを外そうかと思ったら、あれっ、結構大きいディープソケットが必要?
 ディープソケットは一通り持っていたので、大丈夫と思い込んで事前の確認を怠っていました。
 24mmのディープソケット持ってませんでした。
 作業中止、後日アストロプロダクツに行きます。

3 リアブレーキキャリパーのブリードニップルの交換
4 リアブレーキホースの交換
リアブレーキキャリパー
 古いブリードニップルです。
 錆びてしまっています。
 ブレーキディスクも交換してみたいなぁ~。

リアブレーキホース
 リアのブレーキホースは目に見えるようなヒビが入っているということはないようですが、1回も交換していないと思います。
 この際、新しいステンレスホースに交換です。

ブリードニップルとブレーキホース脱
 ブレーキフルードが垂れてもいいように養生してから、ブリードニップルとブレーキホースを外しました。

古いブレーキホース
 取り外したブレーキホースです。
 黒いスリーブの内側の状態はわかりません。
 経年劣化ということでいいのではないでしょうか。

新ブリードニップルと新ブレーキホース装着
 あたらしいパーツに交換しました。
 バンジョーのワッシャー2枚はブレーキホースに付属の新しいものに交換しましたが、バンジョーボルトは古いものをそのまま使いました。

5 リアブレーキのパッドピンの交換
ステンレスパッドピン
 購入したステンレスのパッドピン。
 何かが足りないと思っていたら、古いパッドピンにあって新しいパッドピンにないものは、矢印の先にあるもの。

ステンレスパッドピン完成
 何かというと上の写真のとおり、これがないと差し込んでもスカスカでしょう。
 仕方ないので、古いパッドピンからぐいぐいこじって外し、移植しました。
 パッドピンにシリコングリスを塗ってから差し込みました。

新パッドピンクリップ
 パッドピンが外れないように止めるクリップ。
 錆びているので新しいものに交換しました。

6 リアマスターシリンダーのダストブーツの交換
破れたダストブーツ
 リアマスターシリンダーのダストブーツです。
 完全に切れちゃってました。

新ダストブーツ
 新しいダストブーツに交換しました。

 マスターシリンダーを組み戻して、ブレーキフルードの充てんをして終了です。

ブレーキフルード
 今回のブレーキフルードはキャストロールにしてみました。

 リアキャリパーのブリードニップルにワンウェイバルブ付のチューブをつなぎ開けました。
 リザーバータンクにブレーキフルードを入れ、ブレーキペダルをシュコシュコと手で押しまくりました。
 中々リザーバータンクのフルードが入って行かないので、タンクの下からマスターシリンダーにつながっているゴムホースをつまんでやったところ、空気がボコボコ出てきました。
 空気が出なくなるまでホースをつまんでやり、さらにシュコシュコやっていると、やっとブリードニップルからフルードと空気が出てきました。
 空気が出てこなくなるまで、タンクにフルードを足しながら、シュコシュコやりニップルを締めました。

ABS側エア抜き
 ABS側もエア抜きしてやりました。
 リアブレーキのブリードニップルは進行方向左側になります。
 同じくワンウェイバルブ付のチューブをつないで、ニップルを開け、空気が出なくなるまでブレーキペダルをシュコシュコやりました。

交換完了
 ステンレスホースと言っても黒いスリーブが付いているので目立ちません。

交換完了
 横から見ても目立ちません。
 どうせ、カウルで隠れてしまいます。
 ステンレスメッシュにすることで、ブレーキングの感触がどれくらい変わるのでしょうか。
 フロントのブレーキホースもキャリパーオーバーホールに併せて交換したいです。

 さて、今回
  2 オイル漏れしているオイルプレッシャースイッチの交換
が宿題となってしまいました。
 フロントフォークのブーツにヒビが見つかったこともあり、フォークをメンテナンスしなきゃいかんと思います。
 それと、ブレーキディスクの交換、フロントブレーキキャリパーのオーバーホールとブレーキホースの交換もいずれやらなくてはいかんと思います。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR