FC2ブログ

スポーツシティー250 ブレーキキャリパー清掃

 カミさんのスポーツシティー250を久しぶりに動かしてみたら、取り回しがやけに思くなっていました。
 エンジンを掛けずに手押ししていると、そのうち後輪がロックしてしまいました。
 全然動かしていないから後輪ブレーキを引きずっているのかと思ったので、ブレーキキャリパーを掃除してみることにしました。

ブレーキキャリパー
 ブレーキキャリパーを外してみました。
 RT号より小さい。当たり前ですが・・・
 このつくりはパッドピンを抜けば、キャリパーを外さなくてもパッドが交換できます。
 しかし、今回はキャリパーのお掃除なので外しました。

ブレーキキャリパー
 これは反対側です。

ブレーキパッド
 パッドピンを外してパッドを取り出してみました。
 まだまだ使えますね。

キャリパー清掃後
 最初は、ブレーキの引きずりかと思っていたので、最悪オーバーホールが必要なくらいキャリパーが傷んでいるのかと思いましたが、非常にきれいでした。
 洗剤でじゃぶじゃぶ洗って、水けを取りピストンをモミモミしてやりました。
 RT号に比べるととても柔らかく、スムーズに動きました。
 全然問題ないんですが・・・

取付完了
 とりあえずパッドを元に戻し、キャリパーを車体に固定し完了。

 もう一度、手押ししてみました。
 またもや後輪がロック、ブレーキの引きずりではないことが判明しました。

駆動系
 スタンドを立てて、エンジンを掛けてみました。
 普通にエンジンが掛かりましたが、後輪がえらい勢いで回っていました。
 試しに後輪ブレーキを掛けると車輪は止まりますが、離すとまた勢いよく回りだし、何やらプーリーやらクラッチが入っているケースあたりからキーキー音がしていました。
 まさかクラッチが焼き付きかけているのでしょうか。

 どうなっているか見てやろうと思い、クラッチ側のプラカバーを外し(写真の状態)、エアクリのカバーも外し、駆動系のカバーを外してやろうと思いました。
 駆動系のカバーは8mmのボルトで固定されていて、何とうちには8mmのソケットだけありませんでした。
 仕方なく外したものを元に戻し、バイクを定位置に引きずって行こうと、スタンドを戻したところ、えらく軽くなりました。
 あれっ、と思いスタンドを立ててエンジン始動、明らかに後輪がゆっくり回っていました。
 足先で簡単に止められるくらいの超低速。何かの拍子に治ったのか・・・

 エンジンを止めて手で押してみましたが、引きずってる感なくなりました。
 試しに町内を1週してみましたが、特に異常ありませんでした。

 夕方、アストロプロダクツで8mmソケット買ったので、今度バラシて目視確認してみたいと思います。
 できることならスクーターのプーリー、Vベルト、クラッチ交換を自分でやってみたいので、ロケハンも兼ねてみたいと思います。
 きっと特殊な工具がいるんでしょうねぇ。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR