FC2ブログ

久しぶりに鶏肉を燻してみました

 本日、早朝から神社にお参りに行って、午後時間があったので夕食に間に合うように鶏肉を燻してみました。
 燻すのは一年ぶりかもしれません。

骨付きもも肉(米国産)
 神社からの帰宅途中にあったトライアル(結構安いスーパー)で買った骨付きの鶏もも肉です。
 その他、手羽元も買いました。

サラダエレガンス
 鶏肉を燻すときの味付けはだいたいこのサラダエレガンスを使っています。
 コストコで買ったもので、トマト、オニオン、にんじん等のうま味にブラックペッパーと岩塩を混ぜた調味料です。
 要するに野菜コンソメ風味ってやつで、これ一本で味付けできちゃいます。

もも肉味付け完了
 サラダエレガンスをまぶして擦り込んだものです。
 すでにいい香りがします。
 手羽元は岩塩のみの味付けとサラダエレガンスで味付けしたもの2種類を用意しました。

乾燥
 ベランダにあるグリルにセットしてふたをして1時間ほど放置し乾燥させました。

キングスフォードの炭
 鶏肉を外で1時間ほど放置したら、豆炭の火おこし準備です。
 使う豆炭はコストコで買ったキングスフォードの豆炭(写真はコストコ増量仕様)を使いました。
 ハリウッド映画で家族が庭でBBQというシーンに出てきそうな豆炭です。

火おこし
 ジョイフル本田で安く手に入れた火おこし器を使いました。
 本当はウェーバー製のが欲しかったのですが高いのでやめました。
 ガスレンジを使うと簡単に着火できます。

炭をセット
 着火した豆炭をこれまたコストコで買ったブリンクマンのスモークアンドグリルにセットしました。

鶏肉をセット
 そして主役の鶏肉をセット。
 この時、皮を下にしています。
 ちなみに手羽元の上4本ちょっと白っぽいのが岩塩のみの味付けです。

グリル開始
 蓋をします。
 この状態でも豆炭自体の煙が少し出ています。

熱薫の素
 そして、スモークチップの登場です。
 ホームセンターで買ってきたさくらチップを使いました。
 ヒッコリーに比べると癖がない仕上がりになると思います。

熱燻の素投入
 グリルの横の窓からスモークチップを火のついた豆炭にパラパラかけちゃいます。

燻し開始
 さすがにスモークチップ入れるとすごい煙が出ます。
 ブリンクマンのスモークアンドグリルは密閉式ではありません。
 蓋をしても隙間があります。

温度計チェック
 蓋に簡易温度計が付いているので、温度上昇を確認し理想温度を指して止まったら放置します。
 温度が上がりすぎるのは良くないらしいので、横の小窓を開けたり締めたりして調節しています。
 温度が安定したら本当に放置します。

30分経過
 これが30分後の鶏肉の状態です。
 少し色がついています。
 この時、少し豆炭を足して、スモークチップも少し入れました。
 そのあたりの加減は適当にやっています。

1時間半経過(完成)
 約1時間半経過した状態です。
 色がしっかりついて表面がパリパリになっています。
 いつも中まで火が通っているか心配なんですが、大丈夫だと適当に判断しました。

スモークチキン完成
 完成です。
 ケンタッキーでもらった大皿に盛ってみました。
 夕食にも間に合いました。

 いつ食べてもパリパリの皮がたまらんです。
 味付けは擦り込んでから乾燥のため1時間しか寝かせていませんが、十分になじんでいます。
 私的にはサラダエレガンス味がおすすめですが、今回初めて岩塩のみの味付けもやってみましたが、燻製本来の味がしておいしかったです。

 ほったらかしの男料理大成功でした。
 また時間があったらやりたいです。




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

tag : スモークチキン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR