FC2ブログ

RT号 111,111km 来年2月の車検に向けて

 RT号が走行距離111,111kmを記録しました。
 来年の2月には車検です。
 今度もユーザー車検で通そうと思います。

111,111km
 きれいに数字が並ぶといいですね。
 帰宅途中、自宅近くで撮影しました。

 RT号は走行距離が伸びても、全体的にへこたれた感じはしませんが、そろそろ来年の車検に向けて、弱ったところを整備しなくてはいけません。
 そこで、まず車検を通すのと安全のために最低限必要と考えられる部品を注文しました。

箱
 今回もモーターワークスに注文しました。
 19日の夜に注文して22日に届きました。
 本当に届くのが早くなりました。

オイルフィルター
 オイルフィルター
 次回のオイル交換に必要なのでついでに買っときました。

ハンドルバーグリップ
 ハンドルバーグリップ
 今ついているのがツルツルになってきたので、そうろろ交換します。

ブレーキキャリパーリペアキット・フロント
 フロントブレーキキャリパーリペアキット
 何故か1セットすでに持っていたので、今回もう1セット購入しました。
 リアのキャリパーはOH済みなので、フロントもそろそろOHします。

フロントブレーキパッド
 フロントブレーキパッド
 現在ついているのが制動力に問題なさそうですが激安品で心配なので、車検前にフェロードに交換します。

リアブレーキパッド
 リアブレーキパッド
 フロントと同じく車検前に交換予定です。

マスターシリンダーリペアキット
 ハンドルバーマスターシリンダーリペアキット
 今回のメインはこれです。
 先日、ブレーキランプスイッチの不具合のためブレーキレバー回りをばらしたときに、マスターシリンダー付近に固形物が付着して塗装を腐食していたのを発見しました。
 ブレーキフルードがにじみ出ている可能性が高いのでOHしてみます。
 フルードを抜くのでキャリパーのOHも一緒にできます。

フロントブレーキマスターシリンダーサークリップとラバーブーツ
 フロントブレーキマスターシリンダーサークリップ(左)
 ハンドルバーマスターシリンダーラバーブーツ(右)
 サークリップは必要になるのではないかと思い購入しました。
 ラバーブーツは腐りかけていたのでOHに併せて交換します。

フューエルフィルター
 フューエルフィルター
 先に購入してあるフューエルポンプと一緒に交換します。

フューエルタンクOリング
 フューエルタンクアクセスパネルOリング
 実は一度も交換したことがないので交換します。
 これまで使いまわして、よく燃料漏れしなかったと思います。

U字ホース
 インタンクU字型ホース
 これもポンプ交換に併せて新しいものに交換します。

インタンクホース
 インターナルハイプレッシャーフューエルホース
 これもU字ホースと同様に交換します。

タンクプロテクター
 タンクプロテクター
 これはついでに購入しました。

 車検は来年の2月なので、1月中には作業を終えなくてはいけません。
 12月、1月と何かと忙しそうなので、整備する時間が取れるかどうか心配です。
 あと、218dの方もブレーキディスク交換をする予定があるんですよね。
 何とか一つ一つ整備していきます。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : R1100RT バイク bmw

218dの不具合発生

 グランツアラーが夏の終わりくらいから、不調になっていました。
 最初の症状として加速時の変速がギクシャクするようになりました。
 感じとしては加速時に一瞬力が抜けて、ドンとつながるような感じでした。
 その時はオートマの学習機能に問題が出てきたのかと思っていましたが、最近になって症状が一瞬力が抜けるという状態から、ノッキングのように細かく連続するようになりました。
 自分が運転していて、そろそろまずいなと思い、先週末ディーラーに相談したところ、点検入庫するということになり、入庫日を予約したのでした。
 しかし、今週に入ってカミさんが運転中にドライブトレーンが異常ということで警告灯が出てしまいました。
 仕方ないのですぐに予約日を待たずして、ディーラーに入庫させました。
 昨年のリコールで入荷待ちであったEGRモジュールの交換も一緒に行われることになりました。
 それと、後席と荷室のシガーソケットが通電しなくなったので、それの点検もやってもらいました。

代車
 そのときの代車、先代の118d Mスポーツ
 クルマが必要だったので、1日だけ空いていたものをお借りしました。
 話は変わりますが、この代車のエンジンは218dと同じもののようなので、返却前の給油のときに私も乗ってみました。
 Mスポーツということもあり、グランツアラーよりもかなり車高が低くて、天井も低いので乗り降りは巨体の私にはつらいものがありました。
 乗ってしまえば、グランツアラーよりしっかりと包まれるような感じがあり、明らかにコックピット感がありました。
 それとドライビングポジションのせいでしょうか、ボンネットが長く感じたのと、車体の見切りはあまりよくないように感じました。
 走らせてみると、Mスポーツ用の足回りのせいか乗り心地は固く、ゴツゴツの多い田舎道ばかり走っていると疲れるかもしれません。
 しかし、グランツアラーと同じエンジンとは思えないくらい、軽く走るのは気持ちよかったです。
 かなりいい加速をしてくれました。
 残念ながら山道に行ったわけではないので、FRの恩恵は感じられませんでした。
 というか、私のように普通に乗るのであれば、グランツアラーでも十分山道で曲がってくれるので、あえてFRである必要はないのかもしれません。
 そうすると、現行のFF化した1シリーズはいろいろ言われましたが、使い勝手がいいのかもしれません。

 水曜に入庫して、3日後の本日土曜に引き取りに行きました。

納品書
 これが結果です。
 ドライブトレーンの異常は、リコール対象になっていたEGRモジュール内のバルブの動きが悪くなりエラーを出したものだそうで、このバルブの動きが不調になるとエンジンの出力が出なくなり、今回の問題となっていた症状が出るとのことでした。
 ということで、加速時のギクシャクは解決のようです。
 それと、シガーソケットは何てことはありませんでした。
 ヒューズ切れということが判明しました。
 厄介なのは、助手席前のグローブボックス奥のヒューズボックスを開けて見えるところにはないということでした。
 そこで見えていれば、私でも気が付きましたからね。
 助手席の足元からのぞき込んで、見上げたところにあるフタ(ねじ2本で固定)を外したところにあるとのことでした。
 あと問題なのは、新車で購入して3年でヒューズ切れ、その原因が不明ということです。

 今後、同じような不具合が再発しないか様子を見ることにします。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

tag : bmw 218d

218dのエンジンオイル交換

 218dのエンジンオイル交換時期になりました。
 メーカー推奨1年のところ6か月毎に交換しています。

エンジンオイル抜き取り
 エンジンオイル抜き取り中
 洗車後に少しエンジンを掛けてオイルを温めたはずだったのですが、最近気温が低いせいでしょうか、あまり温度が上がらなかったようで抜けが遅かったです。
 時間がかかりましたが概ね規定量の5Lくらい抜けました。

廃油
 半年の熟成でこんなに真っ黒
 本当に1年毎の交換で大丈夫なんでしょうか?
 今回も前回同様、POLO SYN-PRO 1000 5W-30を使用しました。
 オイルジョッキの目盛りでサクッと5L入れてました。

オイルレベル超過
 エンジンを掛けて暖気してオイルレベルのチェック
 あれっ、レベル超過!
 今回はサクッと5L入れて、すぐにレベルゲージを確認してちょうどMAXであるのを確認しました。
 どうも、レベルゲージをチェックするのが早かったようです。
 それと、今回はオイルフィルターを交換していないためでしょう。
 いつも通り、ジョッキで4.5L入れて様子を見てから、足りなければ継ぎ足しという感じで作業すればよかったです。
 だいたい急いでやると失敗しますね。
 ということで、オイルチェンジャーで適当な量を抜き取りました。

オイルレベル適正
 再びオイルレベルチェック
 今度はオイルレベル異常なしとでました。
 半年後にまたオイルフィルターと一緒に交換です。
 ストックしていたエンジンオイルもなくなったので、半年後までに購入です。

 エンジンを暖気するときに珍しくiDriveにメールが届いていました。
 去年リコールのあったディーゼルエンジンのEGRモジュールの部品がやっと供給されたからディーラーに入庫してとの連絡でした。
 このごろ加速中にギクシャクする症状が出ているのと、後席用、荷室用のシガーソケットに電気が来なくなったので、先日ディーラーに点検入庫の予約をしに行ったばかり、実はその時にEGRモジュールの交換はまだかと質問していたのでした。
 他のユーザーさんはとっくに交換済みとの話を聞いていたので遅いなと思っていました。
 いろいろと思うところはありますが、今度の点検入庫で交換してもらえそうです。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

tag : bmw 218d オイル交換

ブレーキランプが点きっぱなし ~ ブレーキレバー回りの清掃とモトロニックの再設定

 運行前点検をしたら、ブレーキランプが点きっぱなしになっていることがわかりました。
 いったい何時から点きっぱなしになっていたのか・・・
 考えられるところとしては、ブレーキランプスイッチの故障でしょう。
 ということで、ブレーキペダル、ブレーキレバーを踏み踏み、にぎにぎしてみたところ、どうもブレーキレバーの動きが悪く、スイッチを押すまで戻り切っていないことがわかりました。

ブレーキランプスイッチ
 レバーが戻り切らず、ストッパーと隙間ができています。
 その結果、スイッチが押されていませんでした。

ブレーキランプスイッチ
 下から見たところ
 マイナスねじ2本で固定されているのがスイッチです。
 レバーが戻り切らず、スイッチが押し込まれていません。

ブレーキランプスイッチ
 スイッチを外してみました。
 やはりスイッチは壊れていないようです。
 スイッチが壊れていたら、これだけでも結構な値段がしますから・・・
 とうことで、ブレーキレバーを分解して掃除することにしました。

ブレーキレバーの固定ボルト
 ブレーキレバーを固定しているボルトを外しました。
 このボルト自体も結構汚れて、油っ気が全くありませんでした。

ブレーキレバー
 外したレバー
 ブレーキマスターシリンダーを押すロッドです。
 ボールジョイント部も全く油っ気がなくなっていました。

フロントブレーキマスターシリンダー
 最悪なのはこれ
 マスターシリンダーのブーツを外したらびっくりです。
 何かが固着してました。
 マイナスドライバーで削ってみたら簡単に取れましたが、塗装は完全に腐食されていました。
 幸い金属部は腐食されていませんでした。
 今回は掃除だけしましたが、マスターシリンダーのリペアキットを買ってオーバーホールする必要があると思います。

ブレーキレバー
 外したレバーは掃除してグリスアップ
 マスターシリンダーのブーツにもグリスを入れて取付しました。

完了
 組み立て完了
 レバーの動きが良くなりました。
 スイッチのカチカチ音が聞こえてきました。
 来年2月に車検を向かえるので、それまでにフロントブレーキパッド交換とブレーキマスターシリンダーのオーバーホールをしたいと思います。
 それと、そろそろフロントブレーキキャリパーもオーバーホールですかね。

テールランプ
 ちゃんとブレーキランプが消えるようになりました。

 今回はついでに、モトロニックのスロットルポジションの再設定もやってみました。
 でも、R1150系の設定方法なので、R1100でもちゃんと再設定されるかは不明です。


 1.エンジンキーをONにする(エンジンはかけない)
 2.スロットルを全閉から全開を2回くらい繰返す
 3.エンジンキーをOFFにする
 この手順を行うと、モトロニックがスロットルの全閉・全開のポジションを認識するそうです。
 モトロニックがアイドリングを認識せず、アイドリングが不安定になるのを改善してくれることがあるそうです。
 もともと、私のRT号はアイドリングは安定していると思うので、エンジン掛けても全く変化はありませんでした。

110,438km
 走行距離11万キロを超えました。

 次の日の朝、出勤のとき、えらくエンジンの調子が良くなりました。
 これはブレーキレバーをきれいにしたことは関係ないと思うので、モトロニックの再設定の効果が出たのでしょうか?
 それとも、気温が冷え込んだことによって調子が良くなったのか?
 でも、帰宅時も調子よかったので、どうなんでしょう・・・気のせいかな
 燃費に期待したいと思います。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : R1100RT バイク bmw

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR