FC2ブログ

LEDヘッドライトバルブの交換

 RT号のメンテナンス後にHIDヘッドライトが点灯しなくなったということで、応急処置として昔使っていたLEDバルブに交換したのですが、ちらつきと光量不足のため、新しくLEDバルブを購入しました。

LEDヘッドライト
 右側が古いLEDバルブ、左側が新しく購入したLEDバルブ
 古いLEDバルブは1面発光に対して、新しいのは2面発光です。

LEDヘッドライト
 このように左右2面が発光します。

LEDヘッドライト
 Lo側の発光素子には光が下方に行かないように小さなシェードが付いています。
 取付は簡単です。
 古いLEDバルブに比べ、非常に明るくなりましたが、HIDに比べるとやはり暗いです。
 カットラインは良好にきっちり出ています。
 ファンレスになったので音はしません。
 ただ、Hiにするとやはり暗いです。
 この辺は補助灯でカバーできています。
 しかし、汎用のLEDバルブは値段はそのままで昔より確実に進歩していることがわかりました。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

tag : R1100RT バイク bmw LED

RT号の細かいメンテナンス

 我がRT号も走行距離10万キロを超えていろいろとやらなきゃならないメンテナンスがあろうかと思いますが、お休みの限られた時間に、少しばかりできることをやってみました。

エアクリーナーボックス清掃
 エアクリーナーボックス
 フィルターを外すと砂が結構たまっていたので、掃除機で吸い取ってあげました。
 ちなみに、フィルターは去年の11月に交換していますので、パンパンとはたいて埃を落としました。
 フィルターは紙製の使い捨てではなく、K&Nのようなクリーニングできるものに換えたいと思っています。

フロントブレーキ
 フロントブレーキ
 パッドを交換するため取り外してみました。

フロントブレーキパッド(旧)
 まだ、限界までは来ていませんが、限界になる前に交換することにしました。

フロントブレーキキャリパー
 ピストンを戻して、ブレーキレバーを引き引きしたところ、ピストンの出方にムラが出ていました。
 写真向かって右側のピストンはおおむね釣り合っていますが、向かって左のピストンは上下にかなりの差がでました。
 というか、下側のピストンがほとんど出てこない。
 中性洗剤でゴシゴシきれいにしてから、揉みだしをしましたが、あまり改善しませんでした。
 これは、オーバーホールしなくてはいかんと思います。
 なぜが過去にキャリパー1セット分のリペアキットを買っていました。
 どうせやるなら、もう1セット買って両方やりたいと思います。

アイドルスクリュー
 アイドルスクリュウー
 左右とも写真のように真っ黒だったので、拭いてきれいにしました。
 アイドリングのみ1,300rpmになるようにエンジン同調しました。

オイルキャッチタンクのドレンプラグ
 今まであまり手を付けていなかったオイルキャッチタンク
 ドレンプラグを抜いてみたら、大変なことにどっぷりオイルが出てきました。
 ちょっと焦りました。
 でも、気が付いてよかったです。

バックプレッシャーバルブ
 あと、久しぶりにバックプレッシャーバルブを外して、クリーニングしました。

 ちょっとしたメンテナンスですが、このあと通勤で走らせたら、発進時のトルクが上がったような感じがしました。
 ただ、今回は失敗もありました。
 激安のフロントブレーキパッドを購入したのですが、微妙に本当に微妙に形が違い、そのまま取付できず、加工する必要があったことです。ちゃんとR1100RT用のものです。
 実は過去にも同じ過ちをしていたのですが、昔のことだし、もうそんな粗悪品はなくなっていると思い込んでしまいました。
 今度は、ちゃんとしたものを買います。反省!
 それと、HIDヘッドライトが点灯しなくなっていました。
 詳しくは取り外してちゃくと見ないと分からないところもありますが、パッと見た感じは配線の接触不良、振動でリレーがカチカチ言っているので、イグナイターに負荷がかかって破損したのかもしれません。
 とりあえず、予備にとっておいたLEDヘッドライトに交換しましたが、これもちょっと問題がありましたので、それは今度の記事で。

 これから、夏休みを利用して、他の消耗品なども交換していきたいと思います。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : R1100RT バイク bmw ブレーキパッド交換 メンテナンス

RT号リアタイヤ摩耗・交換

 RT号のリアタイヤを急遽交換しました。
 メッツラー・ロードテックZ8Mのリアは、センターに溝があまりないので、センターが摩耗していることに気が付きませんでした。

交換前リアタイヤ
 先日、半日仕事で明るいうちに自宅に帰ったので、そろそろリアタイヤも交換かなと思い、見たら摩耗しすぎてワイヤーが出ていることに気が付きました。
 サイドよりの溝が結構残っていたので、大丈夫だと思っていたのですが、私の乗り方もあるのでしょう、センターばかり減らしてしまったようです。
 これは危なかったです。

ピレリ・エンジェルGT購入
 すぐにネットで購入しました。
 4月の下旬にフロントタイヤをピレリ・エンジェルSTに交換していたので、リアタイヤもピレリにしました。
 リアはエンジェルGTを格安で手に入れることができました。
 これで、うちのBMWは全てピレリです。

固定
 リアホイールを外す前に、センタースタンドが解除されないようにベルトで固定し、フロントタイヤに輪止めをかませました。

リアホイール脱
 ギアを1速に入れて、ホイールボルトを緩めました。
 テクニカルブックには、リアフェンダーを取り外してからとなっていますが、外さなくても作業できます。

リアホイール
 ホイールとタイヤの汚れを落としてから、家の中に移動
 汗だくになることが予想されたため、冷房をフル稼働させました。

エア抜き
 バルブの虫を外して、エア抜き

ビート落とし
 エア抜きしたら、ビート落とし
 ここまでは、何てことないんですが・・・

タイヤ外し
 レバーを使ってタイヤ外し
 ここからが力仕事です。
 そんなに頻繁にやる作業ではなく慣れていないのと、自己流のため冷房ガンガンに効かせていても汗だくになりました。

片側外し完了
 やっと片側を外し、反対側も外しにかかりました。
 片側をやると、ちょっと慣れてきて結構スムーズに外せました。

ホイールのみ
 ホイールの内側もきれいに拭いて

エアバルブ外し
 バルブをカットして外しました。

エアバルブ取付
 フロントでも使ったアストロプロダクツのショートバルブを装着
 某SNSでゴムバルブ派と金属バルブ派の方がいることがわかりましたが、私はゴム派なのかな。
 今まで、ずっとゴムバルブで不具合はなかったし、タイヤ交換のたびに交換するので、安いのが一番かなと思っています。

タイヤ取付
 ビートワックスをホイールのリムの内側とタイヤのビート部分に塗り込んで、私の体重を利用すると片側はポンと入ります。
 反対側のビートをはめるは結構苦労しました。
 コツをつかめばサクッとはめられるのですが、コツをつかむまでが毎回大変です。

タイヤ取付完了
 この状態だと、ビートが上がっておらずリムに密着していません。
 私の場合は5barの空気を入れています。
 そうすると、ビートがギューッと上がってきて、「ポン!」と大きな音を立ててリムに密着します。
 そのあと、2.9~3.0barの空気を充填しました。

エア漏れチェック
 エア漏れのチェック
 家庭用中性洗剤を水で薄め、バルブとリムにスプレーしてエア漏れしていないか確認しました。
 もちろんエア漏れなし

ホイール取付
 スペーサーを挟んで、ホイールボルト装着
 初期トルク50Nmで4本締めて、最終トルク105Nmで締め上げました。
 締め上げたら、タイヤに付いているラベルをはがし、ホイールキャップを取り付けました。

リアホイール取付完了
 ホイール取付完了

交換完了
 左パニアを装着して全て完了

 前回リアタイヤ交換は平成30年1月20日、走行距離88,243km
 今回は走行距離105,091km
 約1年4か月、約16,800mでの交換でした。
 その前の交換は約10,000kmだったので、今回はさすがに使いすぎでした。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : R1100RT バイク bmw タイヤ交換

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR