218dのエンジンオイル交換

 218dは3月28日で、ちょうど1年になります。
 メーカーはエンジンオイルの交換を1年としていますが、私としては心配なので6か月にしています。
 今回は2回目の交換ということになります。

エンジンオイル抜取り中
 前回と同様に手動ポンプでゲージ穴から古くなったエンジンオイルを抜き取りました。

エンジンオイル上抜き
 ゲージ穴にノズルをスルスルっと止まるところまで差し込んでいきます。
 前回、この方法できっちり5L抜けることがわかりました。
 ノズルが細いので、あらかじめエンジンを掛けてオイルを少し暖めておくと時間短縮できます。

オイルフィルターのハウジング
 エンジンの底に付いているエンジンフィルター
 これが、一番厄介です。
 これのせいで、前輪をスロープに乗せて、エンジン下に体が潜れるようにしなくてはなりません。
 しかも、フィルター内に溜まったオイル抜きのドレンを開けると、結構な量のオイルが降ってきます。
 何度も言いますが、従来通りエンジンの上に付けてほしかったです。
 よく見ると「MAHLE」とあります。

オイルフィルター新旧
 新品のオイルフィルター(左)と取り出したもの(右)です。
 6か月(前回11月交換なので、実際4カ月)で、この汚れようです。
 クリーンディーゼルだから汚れが早いのでしょうか、それで交換サイクル1年というのは本当に大丈夫なのか素人の私にはそう思えます。
 ちなみに、今回はディーラーで純正フィルターを購入したのですが、純正もMAHLE製じゃないんですかね。
 ディーラーはストックがあるので行ったその日に手に入りますが、緊急に必要になることはないので、ネットでMAHLE製を買った方が安いです。

フィルターハウジングのOリング交換
 フィルターを買うとオイル抜きのドレンとハウジングのOリングが付属しているので交換しました。

廃油
 これがオイルフィルター内に溜まっていたオイルです。
 真っ黒、すすだらけです。

エンジンオイル注入
 薄い飴色の新しいオイルを注入しました。
 5L入れるとゲージのMaxくらいになります。
 前回と同様、POLO SYNPRO 1000 EURO-V 5W-30 SN ACEA C3-12を使いました。

オイルフィルター穴
 オイルフィルターのハウジングからオイル漏れがないかチェックして、小窓を閉めました。

オイルレベル測定完了
 エンジンを掛け、スロープから車を下して、コンピュータにオイルレベルを測定させました。
 この測定はエンジンが暖まるまでできないので、その分ちょっと時間がかかります。
 測定自体はすぐ終わります。
 測定結果はmax、異常なしということで、作業終了です。

エンジンオイル交換時期リセット
 最後に、エンジンオイルの交換時期のリセットをしました。
 次の交換は12000km、2018年3月と表示されました。
 私的には、次回は2018年9月に交換しようかと思います。

 走行距離 10,318km


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

いつもどおりの週末の朝

 週末は天気が良ければ、運動を兼ねて洗車をしています。
 昨日は風が強かったから、砂まみれになっているのではないかと思いましたが、そうでもなかったです。
 ただし、エンジンルーム内に細かい砂が入り込んでいました。

 今回はあまりが汚れがないので、カーシャンプーを薄めで洗車しました。

ボンネット
 シャンプー後のボンネットの撥水状況です。
 去年の5月5日にコーティングしたので、もうすぐ9か月というところです。
 まだまだ大丈夫です。

ルーフ
 ルーフもよく撥水しています。
 撥水すると水のふき取りが楽です。

側面
 側面も同様です。

拡大
 これは、去年11月12日のボンネットの状況です。
 2か月くらいでは変わりません。

 さて、いつまでもつでしょうか。

充電中
 車の洗車が終わったら、RT号もきれいにして充電です。
 一晩充電しても、このところABSが起動しないんですよね。
 バッテリー買い替え時ですね。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : ガラスコーティング

グランツアラーのエンジンオイル交換に挑戦

 下見はやってあるので、今回は本番です。

上抜き
 オイルを抜いてから動かせないので、まずは前輪をスロープに乗せておきました。
 V50と同じくオイルレベルゲージの穴から古いオイルを吸い上げることにしました。
 お出かけの後なのでオイルが温まっているので、するする抜けてきます。
 5リッターほど抜けたところで、ストップ。少ないような・・・
 実はオイル量を調べてませんでした。850やV50が6リッターだったので、それくらいかなと思ってました。
 で、車載の取説やネットで調べてもオイル量が出てこないので、ここはディーラーに電話で聞いたところ、フィルター交換で5リッターということがわかりました。
 V50より経済的ではないですか。
 それと、フィルターハウジングに付いているドレンボルトのようなものも、ディーラーの人に聞いてみたところ、やはりハウジング内にたまっているオイルを抜くためのものと判明しました。

 フィルターハウジングのドレン 
 下にもぐって、オイルフィルターハウジングのドレンプラグを抜くと、オイルがドバドバと落ちてきました。顔に直撃しないよう注意です。
 しかし、このハウジングには失敗しました。下見で、目測V50と同じソケットで回ると勘違いしていたことです。
 V50は36mmに対し、グランツアラーは32mmで、アストロプロダクツにすっ飛んでいきました。
 ちなみに内側のドレンボルトは14mmです。
 あと、ドレンからハウジング内のオイルを抜いた後にハウジングごとフィルターを外すのですが、さらに出てきたオイルが、周りのハーネスをつたって垂れてくるのです。
 ピットで作業しているわけではなく、狭いので周りが汚れないように養生するのは非常に困難です。
 上付きのフィルターにしてほしかったです。

廃油
 ハウジング内にたまっていたオイルです。
 納車から約7か月、走行距離6千キロちょっとで墨汁になってました。
 抜き取ったオイルも同じです。
 めちゃくちゃ汚れるんですねぇ。

新フィルター 
 フィルターハウジングに付いた古いオイルをふき取り、新しいフィルターとドレンボルトを取り付けました。
 Oリングも新しいものに替え、新しいオイルを塗っておきました。
 古いフィルターを見た後、新しいフィルターとても美しいです。

フィルター装着 
 フィルターハウジングを取り付けました。
 キュッと閉まるところまで締め上げました。ドレンボルトも同様です。
 下付きなので、ちょっと心配ですが・・・

オイル注入
 今回、グランツアラー用に購入した全合成オイルをジョッキの目盛りで5リッター入れました。
 オイルレベルゲージで確認したところ、ばっちりでした。

エンジンオイルレベル測定中 
 レベルゲージだけでは不安なので、スロープから下して、コンピューターにオイルレベルの測定をさせました。
 この機能はエンジンが温まっていないと使えませんので、アイドリングのまま、結構待たされます。

オイルレベル異常なし 
 出ました。レベル異常なし。
 これでばっちりでしょう。

エンジンオイル交換時期リセット中 
 まだ、最後にやることが残っています。
 エンジンオイルの交換時期をリセットします。
 これをやらないと変な時期に警告等が点いてしまいます。
 このやり方は、取説には載っていないんですよね。
 1.ブレーキを踏まずにエンジンスタートボタンを1回押す。
 2.メーター周辺の警告灯類が落ち着いたら、スピードメーター下のボタン(トリップメーターをリセットするボタン)を長押し。
 3.「エンジンオイル リセット可能」と表示されたら、さらにボタンを長押し。
 4.「リセット中」を経て、「リセット成功」 

エンジンオイル交換時期リセット成功 
 リセットに成功しました。
 次回の交換時期は12,000キロまたは2017年11月となりました。
 6,000キロちょい、7か月で墨汁になってたけど、本当にこの交換時期で大丈夫なのでしょうか・・・

6,383km 
 今回のオイル交換は、6,383キロ
 やっぱり、半年後に交換してやりたいと思います。
 ちょっとバタバタしましたが、無事に交換できました。
 この後、用事で出かけましたが、軽くなったような気がしました。

 RT号もオイル見てあげなくては。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : オイル交換

ガラスコートの現在ほか

 土曜の早は、明るくなるのと同時に洗車をしています。
 汚れが目立つときはシャンプー洗車、そうでもないときは水洗いをしています。
 今回は、あまり汚れていないので水洗いです。

 もちろん、今年の5月7日にガラスコーティングを施工してからワックス掛けやコーティングは一切やっていません。

ボンネットの撥水状況 
 ガラスコーティング施工から約6か月経過したボンネットに水をかけたところです。
 まだ、よく撥水しています。

拡大 
 洗車前の汚れが付いた状態でも結構はじいています。
 施工したガラスコートは5年もつとのことなので、6か月程度で剥がれていては話になりません。
 ただ、困ったことは、雨が降った後などに水玉のまま放置すると、蒸発してウォータースポットができてしまうことです。

 ここからは、話は変わって、今度エンジンオイル交換をしようと思っているので、その下見をしました。
 エンジンオイルは、この前届いたし、古いオイルは今までどおり、レベルゲージを引っこ抜いて上から抜こうと考えています。
 後は、オイルエレメントの交換なのですが、欧州車はエンジンの上にエレメントのハウジングがついているもの(前のV50もそうでした)と思っていたのに、218dはエンジンの下についていることが判明しました。
 ちなみに3シリーズのディーゼルは上についているようです。

 ということで、注文してあるオイルエレメントが届く前に下見しました。

タイヤスロープ 
 まず、エンジンルームの下で作業するために、10センチアップのスロープを使いました。

エンジンのアンダーカバー
 エンジンの下をのぞき込むと、やはり全面がアンダーカバーで覆われていました。
 しかし、何やら作業用の扉がありました。まぁ、これを確認したかったわけですが。
 扉には手前から「○」と「+」がありましたが、とりあえず手前の「○」から。

 作業用扉
 ストッパーは2か所で手で簡単に回りました。
 そしてパカッと扉を開けることができました。

 オイルエレメントハウジング 
 扉の中を確認すると、ありました、エレメントのハウジング。
 どうやらV50のときに使っていた巨大ソケットレンチかどこにでもあるようなソケットレンチで回せそうです。
 しかし、脇にある配線が邪魔そうです。
 それと、開けたとたんにオイルがドバーっと出てきそうですね。
 面倒くさいです。何で上に付けなかったのでしょうか。

 とにかく、エレメントが届いたら交換に挑戦してみます。

 本日のRT号は、バッテリーが死にそうです。
 とりあえず充電します。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

ガラスコーティング施工してみました

 ゴールデンウィーク後半を使って、新しく来た車にガラスコーティングを施工してみました。
 実は車両購入の際に予算の都合上、高価なイノベクションコーティングを洗車好きだからいいですよと言い訳して外してしまいました。
 しかし、なかなか洗車してワックスがけというフルコースをやる時間も取れないので、やっぱりコーティングはやりたい、しかも傷のない今のうちにと思いました。
 やっぱりプロにお任せするのが一番だと思いますが、これも予算の都合上、DIYでやることにしました。
 そして、やるならガラスコーティングでしょ。

AQUADROP GLASS COATING PREMIUM
 ということで、今回購入したのは「AQUADROP GLASS COATING PREMIUM」という硬化型のガラスコーティング剤のセットです。
 コーティング剤の他にスポンジ、マイクロファイバークロス、濃色車用下地処理剤BASEが付いてきます。
 初心者でもマニュアルどおりに施工すればできるというもので、2回施工で5年持続というものです。

BASE DARK COLOR
 それでは、シャンプー洗車後、水をふき取らずMFクロスに下地処理剤BASEを適量取って磨き込みました。
 磨いたらずぐに水で洗い流すと、表面の脂分が取れて水玉ができなくなりました。

シャンプー洗車 下地処理後
 下地処理剤で磨き終えたら、水で洗い流し水分をふき取りました。
 その時の写真です。
 新車ですから、この段階でも、きれいなものです。

 ガラス面に付着するとよくないそうなので、付着しそうなところにマスキングをしました。

1回施工後
 これが、1回施工後の写真ですが、そもそもまだ塗装面が傷んでいませんので、劇的に色に深みが出たとか何とかというのはなかったです。
 ここで、大失敗。
 ボンネットを施工し終わって、天井を施工しているときに、ポケットに入れていたコーティング剤の小瓶がポロリと踏み台を登った勢いで飛び出し、パリンと割れてしまいました。
 まだ結構残っていたのでもったいないことをしました。

2回施工後
 これが、2回施工後の写真です。
 1回目の施工よりもコーティング剤がさらに良く伸び塗りやすかったです。

 感想、確かにピカピカです。(もともとピカピカだった。)
 要するにこの状態が水洗いだけで何年も続いてくれればよいということです。
 2回施工で5年ということですが、口コミ評価などを見ると、さすがにそこまではという意見が見られましたし、私的にもそんなもんだろうと考えています。

 下地処理剤は濃色車用ですし、コーティング剤も3/4本残ったので、時間があったらRT号にも施工してみようかと思います。


tag : ガラスコーティング

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR