FC2ブログ

RT号クラッチオーバーホール ~ お別れ

 自分の中で区切りが付いたので、投稿を再開したいと思います。

 先週末の午前中、猛暑の中
 RT号のクラッチを元通りにしました。

クラッチ一式
 クラッチ一式を仮組みして、必要な箇所にキャストロールのペーストを塗りました。
 不思議にも4万キロ程度では、クラッチプレートのライニングは、ほとんど摩耗していませんでした。

クラッチセンター出し
 専用工具を使ってクラッチプレートのセンタリングをしてハウジングを固定しました。
 この工具はこのときしか使えませんが、センタリングはバッチリです。

合体
 そして、トランスミッション側をドッキング
 これがなかなかスムーズにピタッとハマってくれなかったです。
 最後の数ミリがなかなか入ってくれないんですよね。

サブフレーム下ろし
 エアクリボックスを戻して、サブフレームを下ろしました。
 猛暑のため、ここまでやったらフラフラになりました。
 これで、元どおりになっただろうと思ったのですが、クラッチレバーを握ってみたら、やはりギュイギュイと異音がして、クラッチが切れなくなりました。
 ここで、フラフラになりながら心が折れました。
 作業を中断して、エアコンの効いたリビングに戻って、ショックと疲労でバタンと倒れ込んでしまいました。
 何が原因なのか考えることもできず、自分で直せなくなったら終わりだと決めていたので、手放さなくてはならないのかと思い、しばらく放心状態になっていました。
 しかし、涼しい部屋で休んでいるうちに思考回路が働き始めたのですが、今思えばここが分かれ道だったのかもしれません。
 「手放さなくてはならいのか」で思考停止になったので、その続きから動き始めてしまったようです。
 でも、動き始めると早いもので、いろいろと都合のいいことを考えるようになるのです。
 「原因わからんし、どうせ修理に出したら、いくらお金がかかるかわからない」
 「ちょうどリアタイヤ欠品中で注文止まってるし」
などなど考え、通勤にバイクが必要だしということで買い替えモードになってしまいました。
 実を言うと、その日の午後に次のバイク候補の下見に行っちゃいました。

復元
 本日、午前中に見た目は完全に元どおりにしました。
 いつ見てもかっこいいです。クラッチは切れませんが・・・
 あと、後付の部品はいくつか外させてもらいました。
 そして、バイク出張買取の業者に査定してもらいました。
 下見に行ったバイク屋のおっちゃんにR1100RTは値段がつかんみたいなことを言われたのですが、不動車にもかかわらず一応値段が付きました。

 手放すまで一週間という時間があったので、机上で原因を考えてみました。
 クラッチが切れない不具合が出たときは、プッシュロッドとダイヤフラムスプリングあたりの摩耗しか考えていませんでした。
 クラッチレバーを握れば、ワイヤーが切れていない限り、プッシュロッドが押し出され、ダイヤフラムスプリングが押されるもんだと思っていました。
 新しいパーツが届いて摩耗していないことが判明して、ますます原因不明状態になりました。
 しかし、その後、図面をよく見ると
 ①クラッチレバーを握る
 ②ワイヤーがトランスミッション側のクラッチレバーを引っ張る
 ③調整ボルトがピストンを押す
 ④プッシュロッドがダイヤフラムスプリングを押す
 ⑤クラッチプレートが接触プレートと離れる
 ⑥動力が切れる
ということがわかってきました。
 不具合発生時に、③というところが、全く頭にありませんでした。
 不具合が出る直前、クラッチレバーを握ると、スムーズではなくゴリゴリした感触があり、通勤時の渋滞でクラッチを握って停車を繰り返したときに、切ってもだんだん半クラッチのようになってきて、最後は全く切れなくなったこと、調整ボルトを最も押し込んだ状態で何とかクラッチが切れるようになったことから
 どうもプッシュロッドを押しているピストンが原因ではないかという結論に達しました。
 しかし、それに気がつくのが遅かったです。

お別れ
 結局、RT号は引き取ってもらいました。
 ローダーに乗ったRT号の写真を撮ったあとに、汗なのか涙なのかわからんものが出てきました。

 2014年2月に中古で買った初めての大型バイクでしたが、約6年6万キロ乗って、BMWのバイクの良さを感じたことや、先輩ビーマー方のブログなどから情報をいただいたり、いろいろと勉強になった1台でした。
 また、ステップアップしてRT号に乗り続けたいと思います。
 ということで、今後ともよろしくお願いします。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : R1100RT バイク bmw

RT号のフロントブレーキキャリパーがお漏らし?

 車検前から右前ブレーキキャリパーあたりが何か湿っぽいと思っていたのですが、ここ最近フロントタイヤの右側面に液体が垂れたような跡を見かけるようになりました。
 本日、またフロントタイヤが濡れていたので、よく見てみると、垂れた跡がブレーキディスクにもあり、どうもキャリパーから来ているような感じでした。

 車検前にキャリパーのピストンとラバーを新品に交換したので、何か失敗してピストンあたりから漏れているのかなと思いましたが、キャリパーをよく見ると

右フロントブレーキキャリパーお漏らし
 キャリパーのつなぎ目から液体が出ておりました。
 まさかと思い、ブレーキレバーを握ってみたところ


 握るたびにフルードが染み出してきました。
 フロントキャリパーはサンドイッチ構造なので、つなぎ目のOリングあたりが劣化してしまったかもしれません。
 とりあえず、勉強のため安い中古キャリパーをヤフオクで探して交換し、サンドイッチを割って中身を確かめてみたいと思います
 ちなみにキャリパーを分解するのは自己責任です


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : R1100RT バイク bmw

ブレーキランプが点きっぱなし ~ ブレーキレバー回りの清掃とモトロニックの再設定

 運行前点検をしたら、ブレーキランプが点きっぱなしになっていることがわかりました。
 いったい何時から点きっぱなしになっていたのか・・・
 考えられるところとしては、ブレーキランプスイッチの故障でしょう。
 ということで、ブレーキペダル、ブレーキレバーを踏み踏み、にぎにぎしてみたところ、どうもブレーキレバーの動きが悪く、スイッチを押すまで戻り切っていないことがわかりました。

ブレーキランプスイッチ
 レバーが戻り切らず、ストッパーと隙間ができています。
 その結果、スイッチが押されていませんでした。

ブレーキランプスイッチ
 下から見たところ
 マイナスねじ2本で固定されているのがスイッチです。
 レバーが戻り切らず、スイッチが押し込まれていません。

ブレーキランプスイッチ
 スイッチを外してみました。
 やはりスイッチは壊れていないようです。
 スイッチが壊れていたら、これだけでも結構な値段がしますから・・・
 とうことで、ブレーキレバーを分解して掃除することにしました。

ブレーキレバーの固定ボルト
 ブレーキレバーを固定しているボルトを外しました。
 このボルト自体も結構汚れて、油っ気が全くありませんでした。

ブレーキレバー
 外したレバー
 ブレーキマスターシリンダーを押すロッドです。
 ボールジョイント部も全く油っ気がなくなっていました。

フロントブレーキマスターシリンダー
 最悪なのはこれ
 マスターシリンダーのブーツを外したらびっくりです。
 何かが固着してました。
 マイナスドライバーで削ってみたら簡単に取れましたが、塗装は完全に腐食されていました。
 幸い金属部は腐食されていませんでした。
 今回は掃除だけしましたが、マスターシリンダーのリペアキットを買ってオーバーホールする必要があると思います。

ブレーキレバー
 外したレバーは掃除してグリスアップ
 マスターシリンダーのブーツにもグリスを入れて取付しました。

完了
 組み立て完了
 レバーの動きが良くなりました。
 スイッチのカチカチ音が聞こえてきました。
 来年2月に車検を向かえるので、それまでにフロントブレーキパッド交換とブレーキマスターシリンダーのオーバーホールをしたいと思います。
 それと、そろそろフロントブレーキキャリパーもオーバーホールですかね。

テールランプ
 ちゃんとブレーキランプが消えるようになりました。

 今回はついでに、モトロニックのスロットルポジションの再設定もやってみました。
 でも、R1150系の設定方法なので、R1100でもちゃんと再設定されるかは不明です。


 1.エンジンキーをONにする(エンジンはかけない)
 2.スロットルを全閉から全開を2回くらい繰返す
 3.エンジンキーをOFFにする
 この手順を行うと、モトロニックがスロットルの全閉・全開のポジションを認識するそうです。
 モトロニックがアイドリングを認識せず、アイドリングが不安定になるのを改善してくれることがあるそうです。
 もともと、私のRT号はアイドリングは安定していると思うので、エンジン掛けても全く変化はありませんでした。

110,438km
 走行距離11万キロを超えました。

 次の日の朝、出勤のとき、えらくエンジンの調子が良くなりました。
 これはブレーキレバーをきれいにしたことは関係ないと思うので、モトロニックの再設定の効果が出たのでしょうか?
 それとも、気温が冷え込んだことによって調子が良くなったのか?
 でも、帰宅時も調子よかったので、どうなんでしょう・・・気のせいかな
 燃費に期待したいと思います。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : R1100RT バイク bmw

ABSのリセット

 年末の事故から復活して数日、今度は朝の通勤時に気が付いたら、ABSの警告灯が上下点滅していました。
 信号待ちでエンジンを止めて、再始動しようとエンジンキーをONにしたところ、上下同時点灯ではなく、いきなり上下交互点灯になり復旧しませんでした。
 ユニットの故障か、この前の事故で前輪左側をぶつけたからセンサーがダメになったか、嫌な予感がしました。
 何ともしようがないので、そのまま駐輪場へ止めて仕事に行きました。

 仕事から帰ってきて、駐輪場でエンジンキーをONにしたところ、やはり警告灯は上下交互点灯してしまいました。
 これも仕方ないので、そのまま帰宅しました。

 自宅に着いたら、12Vの通電テスター(ランプ式)をシート下のコネクタに刺してエラーコードを読み取ろうと思いましたが、12V用は光ってくれませんでした。
 とりあえず、刺したままメーター脇のリセットボタンを20秒くらい長押ししてABSのエラーをリセットしてみました。

 エンジンキーをOFFにして、通電テスターを抜いて、もう一度エンジンキーをONにしたら、警告灯は上下同時点灯になりました。
 次の朝の通勤時にまたエラーが出るようなら、今度はテスター(アナログ式)でエラーコードを読んでみたいと思います。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : R1100RT ABS ERROR

突然スピードメーターが動かなくなりました ~ ワイヤー切れ

 先日の朝、いつも通り走っていると、スピードメーターが0km/hのまま動かなくなっていることに気が付きました。

86,293km
 オドメーターが86,293kmのまま停止・・・
 トリップメーターも8.8kmのまま停止・・・

メーターパネル
 走っていないと何の問題もないのですが・・・
 どこが壊れているのか探ることにしました。
 考えられるところは、
  スピードメーター自体が壊れている ~ これだったら厳しいかも、車検どうするの?
  ケーブルが切れている ~ 最小限の出費コース
  メータードライブが壊れている ~ 前のバイクで経験している
ということで、メーターパネルからバラシてみることにしました。

スピードメーターワイヤー(メーター側)
 メーターパネルのカバーを外し、メーターを止めているボルト4本を外しました。
 スピードメーターの後ろにつながっているケーブルを外しました。
 前輪を回してみると、ケーブルは回りませんでした。
 メーター本体が壊れていることは考えないことにして、この時点でケーブルが切れているか、ドライブが壊れているかのどちらかになりました。

スピードメータードライブ辺り
 ケーブルのスピードメータードライブ側を見ると、何やら付け根に亀裂が入って変色していました。
 これは怪しい!
 メータードライブを確認するためフロントタイヤを外しにかかりました。

フロントブレーキキャリパー
 フロントブレーキキャリパーを外し、

フロントタイヤ脱
 クイックリリースシャフトを抜いてタイヤを外しました。

スピードメーターワイヤー(ドライブ側)
 メータードライブからケーブルを外して、亀裂を確認。
 結構ひどい状態です。
 この状態で、ケーブルのインナーを手で回そうとしたら、何か重いし変な感触が・・・

スピードメーターワイヤー(インナー)
 インナーケーブルを引っ張ってみたら、簡単に抜けてしまいました。
 ケーブルが切れていることが判明しました。

スピードメータードライブ
 念のためメータードライブも確認しました。
 中のギアに問題は見られず、回転をちゃんと伝えていました。まだ使えるでしょう。
 パーツクリーナーできれいにして、グリスアップしておきました。

RIDケーブル(被服はがれ)
 メーターパネルのカバー外したら、RIDのケーブルの被服が腐っていたので、全部はがしました。

RIDケーブル(被服修復)
 ハーネステープで補修。

 さて、早急にスピードメーターケーブルを入手する必要があります。
 そこで、Motorworks、Moto-bins、ディーラー、レッドバロンの4つを調査しました。
 値段で言うとMoto-binsがちょっと安い、後は同じくらいでした。
 ただし、なくなって応急処置してあるアッパーカウルを支えるグロメット(ゴムブッシュ)も一緒に欲しかったので、ケーブルとグロメット両方注文して、値段、納品時期が一番いいレッドバロンにお願いしました。

 20年目(来年2月で満20歳)のRT号、このところポツリポツリとメンテナンスが続いています。
 その結果、決して高額ではないのですが、出費が続いております。
 私としては、機械いじりが大好きですし、傷んだところを直せば、まだまだ乗り続けられるバイクだと思って楽しんでいるところがありますが、やはりカミさんの顔色はだんだん厳しくなってきています。
 しかし、通勤に使っていますし、何とかこの時期を乗り越えれば楽になるのではないかと信じております。

 部品が届くまでの間、カミさんのバイクを借りて通勤です。
 しかし、先月Motorworksに注文した部品が、結構前に発送メールが来ていたのにまだ届かないです。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR