やってしまいました

 モトラッド八千代さんからイベント案内のメールが来てたので、V50のオイル交換後行ってみました。

R1200RT
 写真はモーターサイクルショーのときのものです。
 K1600GTLとかもありましたが、やはり今乗っているのとどれだけ違うのか確認するためR1200RTに試乗することにしました。

 店内で申込書を書いて、駐車場で説明を聞いて、息子を後ろに乗せてエンジン始動。
 やっぱいい音しますねぇ。
 チョークレバー必要ないし。
 いつも通りクラッチ切って1速に入れてみると、車で言うクリープ現象的な状態に。
 その時はこれが湿式と乾式の違いかと思っていました。
 これが、間違いだったようです。たぶん

 国道16号に出るため、右からくる車をやり過ごし、さあ左に出ようと思ったときにストン・・・
 エンストして、しかも立ちごけしてしまいました。
 後ろには息子(バイク用のおんぶ紐つけてる)が乗っているし、重かったです。
 左足で踏ん張ってもあえなく撃沈。

 店員さんに助けてもらってピットへ戻りました。この時は弁償覚悟しました。
 店員さんに車体を確認してもらったところ、接地したのは左のパニアケースでちょうど縁石の切れ目(斜めに切ってある)に乗っかったような感じで幸いにも傷はないとのこと。
 店員さんが縁石の切れ目にテープを張ってくれていたおかげです。

 さて、気を取り直し再出発。
 まっすぐの国道16号では力強さの違いがはっきりわかりました。吹け上がりの音もいいです。
 国道から横道に入って、というか入るときに感じましたがコーナーを曲がるとき軽い。
 すっと頭が向いて行くような、その後のカーブもスイスイ、おもしろいことおもしろいこと。
 ほんとに走らせていると重さを全く感じさせないです。
 あっという間に試乗コース終わり。

 モード切替(RAIN→ROAD→DYNA)をしてみましたが、試乗コースだけではあまりわかりませんでした。
 クラッチ切ったときのクリープ現象的なやつは、クラッチの遊びが多すぎて、2本指で操作していると切れていない状態(ハンクラ状態)になっていただけでした。ポンポンと遊びを調節できるので解決。
 しかし、クラッチ軽かった。あと湿式の感触も慣れでしょう。教習所でも使っていたのですから。

 後気になったのは、シートです。
 足つきが良くなっているのはいいのですが、もうちょっと丸みがあってもいいような気がします。お尻に角が当たります。
 それと、ウインカーに指が届きずらかった。これも慣れなんでしょうか。

 今回の試乗ではやはり15年の進化はすごいなぁ~と感じました。
 ほしいけど、見た感じ買ってからもお金かかりそう。
 R1100RTで店から出るとき、「俺はやっぱこれだ」と思う。いろんな意味で・・・

 モトラッド八千代さんありがとうございました。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

tag : 試乗

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR