伊豆旅行(3日目)

 3日目の朝を迎えました。
 伊豆旅行最後の日、あっという間でした。

プチリゾートもも 朝の景色
 丘の斜面に建っているペンションの窓からの眺めです。
 あいにくの曇り空でしたが、海が見えていました。
 晴れていれば、もっとよい景色だったと思います。

プチリゾートもも 朝食
 それでは、お楽しみの朝食。
 夕食とは異なりとてもシンプルに見えますが、とてもおいしかったです。
 なぜでしょう?静岡のお米はとても美味しいです。
 このペンションはインターネット上のいろいろなところで紹介されていますが、オーナーの料理の腕前はすごいようです。
 実際に食べてみた私としては納得です。
 伊豆方面のペンションとしてキープしたいと思います。
 本当にお世話になりました。

マリンスパあたみ
 ペンションのオーナーとお別れして、海岸沿いを延々と北上、熱海に行きました。
 息子お待ちかねの「マリンスパあたみ」です。
 流れるプール、ウォータースライダー、25mプール、スパ施設、温泉施設、レストランが一つに凝縮されています。
 流れるプールは息子は初体験、最初は恐る恐るで私にしがみついていましたが、そのうち慣れてはまってしまったようで、なかなか出ようとしませんでした。
 流れるプールで息子をぐいぐい押していたら、さすがに疲れました。

熱海銀座
 プールを出た後は、熱海の街に食事しに行きました。
 「熱海銀座」近くのコインパーキングに車をとめて、プールの後は腹がすきますね。

石川屋
 目的地の「ラー麺 石川屋」に到着、しかも開店時間ぴったり一番乗りでした。

石川屋 石川屋ラーメン
 メニューを見るとたくさんのラーメンがあって迷ってしまいましたが、私は店の名前の付いたラーメンが無難であろうと判断し、「石川屋ラーメン」を注文しました。
 しょうゆ味のあっさり味で細麺でペロッとたいらげました。
 美味しかったです。

石川屋
 これはカミさんが注文したラーメンで、何というラーメンかわかりません。
 息子と分けて食べていました。
 息子はラーメン好きでがっつり食べていました。
 後でインターネットを見たところ、オムライスが有名だったそうです。
 確かに注文している人がいましたが、その時はラーメン屋で?って感じでした。

延命堂
 昼食の後は少し歩いて、温泉まんじゅうを物色しに行きました。
 「延命堂」、ここのまんじゅう食べると長生きしそうですよね。

延命堂 店内
 店内に入ると温泉まんじゅうの他、夏らしいすずしげなお菓子が並んでいました。
 しばらくすると店員さんがお茶とまんじゅうをサービスしてくれました。
 ありがたいサービスですね。
 もちろんちゃんと買い物もしました。

 さて、これで伊豆は終了。
 あとは自宅方向に帰っていくだけ。
 とりあえず横浜方向。

中華街停車場
 実はついで的な最後の目的地、「横浜中華街」です。

江戸清
 横浜中華街と言ったらここでしょ。

江戸清 肉まん
 江戸清の肉まんでしょう。
 息子が持つとめちゃくちゃでかい!
 でも息子が一人でぺろりと食べてしまいました。

源豊行
 カミさんの目的地、「源豊行」です。
 ここは中華食材を扱うお店で、食べるとこではありません。
 お目当ての調味料等をゲットできたようです。
 でも要注意ですよ。
 例えば本場の豆板醤なんかは、料理番組の分量よりかなり少なめにしないと、めちゃくちゃ辛くなってしまうことがあります。

 これで今回の旅行のすべての日程をクリアしました。
 あとは無事に自宅に帰るのみ。
 あえて遠回りのアクアライン~圏央道のルートで帰りました。

 今回の旅行は3日間だけで、しかも時間に余裕がないくらいシビアな日程にしましたが、本当にリフレッシュすることができました。
 温泉はやっぱり最高ですし、温泉地の料理は最高に美味しかったです。
 今度はバイクツーリングで日程にゆとりをもって行ってみたいと思いましたね。

 終わり

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

tag : 伊豆

伊豆旅行(2日目)

 オリーブの木では、広々としたお部屋で快適に一晩過ごすことができました。
 早起きして部屋のお風呂に温泉を入れ、朝風呂に入りました。
 もう最高でした。
 そのあとは、チェックアウトに備えて荷物を整えつつ、朝食までの時間をのんびりと過ごしました。

ホテル オリーブの木 朝食
 朝食は和と洋のビュッフェスタイルでした。
 私は朝からお米コース、パンコースと腹いっぱい食べさせてもらいました。

修禅寺 足湯
 ホテルのチェックアウトを済ませ、8時過ぎにそう遠くない修善寺温泉にやってきました。
 平日早朝のためほとんど人は歩いていません。
 ちなみにほとんどの有料駐車場は午前9時からですが、修禅寺から徒歩5分くらいの川沿いに24時間コインパーキングを見つけたのでそこに駐車しました。
 駐車場からトコトコと歩いてきたら9時前でもところどころお店は開いておりました。
 そして上の写真のような足湯を見つけたので一休み。

修禅寺
 修禅寺に上がる階段が修理中だったので脇の迂回路で登りました。
 御手洗(トイレではありませんよ)は温泉が出ており、飲めると看板が出ていましたので手を清めた後、ガブッと飲んでお腹の中も清めさせていただきました。
 そして、弘法大師さまにご挨拶。
 9時前なのでお客さんは私たち以外に2,3組くらいでした。
 お互いにシャッターボタンを押し合って、家族の記念写真をゲットすることができました。
 さすがお寺さんは早起きですねぇ、早朝でも人がいてお守りは買えるようです。
 そういえば敷地内の掃除をしている人がいたけど、お坊さんには見えんかった・・・

浄蓮の滝
 次に下田街道を南下して、浄蓮の滝にやってきました。
 無料の広い駐車場があってとても便利なところです。
 お土産屋さんの間から長い階段を下って下まで降りると見事な滝が目の前に姿を現します。
 アクセスの良さ、滝の高低差、水のきれいさ等、千葉ではこんな素晴らしい滝はどこにも見当たらないです。
 階段はすごくしんどかったですが、この景色を見ると爽やかな気持ちになって、来てよかったと思いました。

浄蓮の滝 わさび畑
 谷底の売店の脇にわさび畑を発見、やはり水がきれいなんでしょうね。
 さて、帰るためには下った階段を登る必要があります。
 運動不足の私にはちょうど良かったです。

浄蓮の滝 わさびソフトクリーム(甘口)
 階段を登り切ってお土産屋さんに入ると、私の大好きなソフトクリームを発見。
 カミさんがお土産を見ている間に息子とソフトクリームをいただくことに、私は写真のわさびソフトクリームにしました。
 甘口と辛口があったのですが、ここは無難に甘口を選択。
 写真ではわかりにくいのですが、ほんのり緑色がかったところがありました。
 パクッと食べるとソフトクリームの甘さの中にあのわさび特有の鼻を通り抜ける爽やかな辛さがほのかに香りました。
 うまっ!

 さて、浄蓮の滝を出て今度は東伊豆方面へ向かいました。
 古い車載ナビと格闘しながら、山道をひたすら走り続け、河津町というところでやっと海岸線に出ることができました。
 そこから、東伊豆道路を北上し、伊豆高原にある昼食ポイントを目指しました。

伊豆高原ビール本店
 途中、渋滞に巻き込まれてしまい大幅な遅れ、せっかくカミさんが予約を入れてくれたのにキャンセル。
 でもやってきました。
 伊豆高原ビール本店、向かう途中てっきり食べ飲み放題のお店なのかなと思っていました。
 とにかく中へ、運よく待ち時間なしでテーブル席に着くことができました。

伊豆高原ビール本店 お子様親子丼
 これは息子用に頼んだお子様メニューの「お子様親子丼」です。
 うちの息子はサーモンの刺身とポテトが大好物なのでばっちりでした。

伊豆高原ビール本店 漁師の漬け丼膳
 私とカミさんが注文したのはこれ。
 ランチメニューの「漁師の漬け丼膳」です。
 この盛りにあきれました。
 まず、このわさびどう使うんか・・・
 食べ始めて、ご飯がなかなか出て来ないし、イクラが転がり落ちてくるし・・・
 美味しいことは美味しい、格闘しながら食べて、大飯食らいの私でも危険さを感じるボリューム。
 私は何のこれしきとペロッといきましたが、カミさんはギブアップしてしまいました。

旅の駅 伊豆高原
 お腹もいっぱいになったということで、伊豆高原ビール本店の直近にある伊豆高原旅の駅「グランパルポート」にお土産探しに来ました。

旅の駅 伊豆高原 足湯
 と、その前に足湯で一休み。
 浄蓮の滝の階段上り下り、運転しっぱなしだったので、気持ちいい~
 お土産探しはそこそこ、暑かったので日本一大きいと言われる富士山ラムネを飲んで旅の駅を離脱しました。

伊豆オルゴール館
 次に伊豆オルゴール館に行きました。
 入館料を払うと、オルゴールと自動演奏楽器の演奏会があったり、メロディーを選んで、好きな箱を購入して、オルゴールの手作り製作体験もできます。
 一人ずつ記念に作りました。

伊豆高原駅

伊豆高原駅やまもプラザ
 伊豆高原駅やまもプラザにぷらっと寄ってみました。
 大きい駐車場があり、最初の1時間は無料と良心的です。
 やまもプラザにはパン屋、ケーキ屋等の食料品店やレストラン等は入っておりちょっとしたショッピングモールという感じでした。

 さて、本日の日程は終了。
 お宿に向かうことに、その前に駅の近くで見かけた地元のスーパーへ買出し。
 ご当地ものの商品があったりと、旅先の地元スーパーに買い物に行くのが好きだったりします。

プチリゾートもも
 伊豆高原駅付近から、ナビ頼りに別荘地の細い道をくねくねと走り、お世話になるペンション「プチリゾートもも」に到着。
 早めに着いたのでシャワーを浴びて、ヘトヘトの私は夕食まで横になりました。

プチリゾートもも 夕食

プチリゾートもも 夕食

プチリゾートもも 夕食
 夕食の時間になったので、食堂に行ってみるとびっくり!
 色鮮やかな、手の込んだ料理がテーブル上にずらり、これ全部食べていいの?状態でした。
 写真1枚に収まりきらなかったのと、写真を撮ってからさらに運ばれてきたので3枚になってしまいました。
 料理に文句のつけようがなかったです。
 息子用に出していただいたハンバーグはカミさんがちょっと食べたところ、めちゃくちゃ美味しいと。
 美味しい上にボリュームがすごい。
 私でもいっぱいいっぱいだったですよ。
 カミさんと息子はギブアップしながら、もっと食べたかったとのこと。
 本当に残してしまって申し訳ないです。

 お部屋のユニットバスでも温泉が出ますが、せっかくなので息子と共同の浴室へ。
 共同と言っても誰も入っていなければ、脱衣場の内側からカギをかけるので貸切温泉と一緒でした。
 温泉は本当に最高ですよ。

 それから、オーナーに花火をやりたいと言ったら、快く水入りバケツを用意してくれました。
 息子とペンション前で花火をして良い思い出になりました。

 3日目につづく・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

tag : 伊豆

伊豆旅行(1日目)

 家族で伊豆に2泊3日の旅行に行ってきました。
 RT号を家に残し、まー君号で朝早く出発しました。
 東関東自動車道(渋滞なし)、首都高速湾岸線(都内に入る前に若干渋滞)、狩場線(問題なし)と進んでいきましたが、保土ヶ谷バイパスに入ったところで大渋滞にはまってしまいました。
 本当は前の晩ににぎっておいたおにぎりをどこかのパーキングエリアでゆっくり食べるつもりだったのですが、時間節約のため保土ヶ谷バイパス上で食しました。
 結局、町田インターから東名高速に入っても、しばらく渋滞が続きました。
 予定より1時間以上早く出ておいてよかったです。

海老名サービスエリア
 大渋滞を抜けもうヘトヘトなので、とりあえず休憩ということで「海老名サービスエリア」に入りました。
 一応、平日だからでしょうか大渋滞のあとにしては混雑していませんでした。

海老名サービスエリア名物メロンパン
 そして、海老名SAと言えばこれでしょう。
 名物メロンパン
 カミさんがいくつか買っておりましたが、おにぎり食べたばかりなのでパス。
 リフレッシュして、伊豆に向かいます。
 お天気が良かったので途中、富士山がきれいに見えました。
 さて、沼津インターで降りて最初の目的地に向かいたかったのですが、車載のナビの地図が古くて使い物にならず、途中で車を止めて確認、また携帯のナビを使ってみたり、有料道路の料金所のおじさんに道を聞いたりと、結構なタイムロスがありました。

みんなのハワイアンズ
 何とか最初の目的地「みんなのハワイアンズ」に、しかも予定時間どおりに到着しました。
 早めに出発しようと言ったカミさんのおかげでしょう。
 中に入ると動植物園の係の人がフラのステージの時間に合うように無料でガイドをしてくれるということで、その御一行について行きました。

みんなのハワイアンズ 動物

みんなのハワイアンズ 植物
 動植物園では暖かい地域の動物や植物を見ることができます。
 上の写真のミーアキャットは暑さに強いはずなのにべたりと伸びていて、頭だけ上げて観客を見る様子が実にかわいかったです。
 いろんな種類の蘭などが植えられていました。
 パイナップルやサボテンもありました。

みんなのハワイアンズ フラウェーブ
 本当にショー開始直前の良い時間までガイドしてくれました。
 ショーにはオハナシスターズというめちゃくちゃダンスが上手いお姉さんと、地元出身のロコガールという専属のダンサーが出てきました。
 今どきの伊豆の踊子はフラダンスなんでしょうか。
 ちなみにロコガールは1期生と2期生が出ていたようで、歴史はまだ浅いと思われます。

みんなのハワイアンズ レストラン
 昼食はみんなのハワイアンズにあるブッフェスタイルのレストランでいただきました。
 入園料と食事代をセットで購入するとお得です。
 写真に写っているのはほんの一部です。
 鉄板コーナーではステーキ食べ放題ですよ。
 お腹いっぱいいただきました。

中伊豆ワイナリーシャトーT.S

中伊豆ワイナリーシャトーT.S ブドウ畑
 お腹もいっぱいになったところで、次の目的地「中伊豆ワイナリーシャトーT.S」にワインを物色しに行きました。
 どうですか、一面のブドウ畑、山梨じゃないですよ。
 伊豆にこんなところがあるなんて知りませんでした。
 ということで、車のカギをカミさんに渡してワインの試飲をしてみました。
 申し訳ないのですがワインの味はよくわかりません。
 私はドイツワインにあるような白のめちゃくちゃ甘いのが好きなので、試飲しながら探してみたのですが、残念ながらありませんでした。

ホテル オリーブの木
 さて、カミさんに運転してもらって最初の宿泊場所である「ホテル オリーブの木」へやってきました。
 このホテルは1部屋が写真のとおり独立した建物になっているんです。
 廊下なし、壁の向こうは外、床の下は地面、息子がギャーギャーうるさくしても平気です。
 泊まった部屋はベッドが4つ、ロフトに布団が2つと3人では有り余るほど、でも人数が少ないからと言って1人当たりの料金が増えるということはありません。
 早い者勝ちという感じですかね。
 でも大勢でお泊りすると楽しいでしょうねぇ。
 温泉が出るお風呂、洗面所、トイレもあり、ユニットではなくそれぞれ独立でした。

百笑の湯
 お部屋のお風呂も温泉が出るのですが、やはり温泉は大浴場がよいと思います。
 ホテルの隣(ちょこちょこと歩いて行ける)に「百笑の湯」という温泉施設があり、初日の疲れを癒やすことができました。
 やっぱり温泉はいいです。

 2日目につづく・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

tag : 伊豆

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR