FC2ブログ

トップケースのストッパー修理

 先日、リアブレーキパッドの交換作業のとき、トップケースを開けたらバン!という音とともに蓋が全開状態になってしまいました。

トップケース破損
 前にも出した写真ですが、ストッパーとなっているベルトが外れて、

トップケース破損
 しかもリールの中に入り込んでしまいました。
 全開でも閉じてしまえば全く機能的には問題ないと思われますが、普通はやっぱり直してみたいと思いますよね。

 ということで、日をかえて暇があるときに作業してみました。
 まず、普段からあまり気にしていなかったので、ストッパーのベルトがどのように固定されていたのか思い出せず、

リールからベルトを引き出した
 とりあえず、壁に刺さっていた画びょうを使って、ベルトの端をほじくり出してみました。
 何か先っぽに穴がある。
 さらに引っ張ると、また穴がありました。

ベルトの輪っか
 これは、ベルトの先が輪っかになっていたのではないか。
 その輪っかを留めていたカシメなりがはじけてしまったのではないかと思われました。

ベルトの輪っか再製
 カシメ打ち具は持っていないので、とりあえずボルト&ナットで留めました。

完成
 蓋側に輪っかを留める場所があるので、そこに引っ掛けて作業終了
 20年ものの車体ですから、いろんなところにボロが出てきますが、一つ一つお付き合いして長く乗りたいと思います。

らーちゃん
らーちゃん:とりあえず簡単に直ってよかったね。でも、カシメ打ち具くらい買えよな!

 買ってもいいけど、あとどこで使うのか?それを思うと買えないもんです。
 私もレザークラフトやろうかな。
 これは、余談です。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

tag : バイク R1100RT

RT号のリアブレーキパッドの交換

 この日も雨、本当は白馬まで乗っていった218dを洗車したかったのですが、断念しました。
 でも、ブレーキダストで真っ黒になっていたホイールだけはきれいにしておきました。
 そのついでではないですが、リアブレーキパッドが限界を迎えているような気がするので、点検することにしました。

リアブレーキキャリパー
 ここから見てもパッドの減り具合は見えませんが、テイル方向からライトで照らしながら隙間をのぞくと確認できます。

パッドピン
 キャリパーボルトを外す前にパッドピンを外した方がいいのですが、いつも忘れるんです。
 今回は思い出して先に外しました。
 キャリパー外してからだと、たたき出すときに動き回ってやりにくいです。

新旧ブレーキパッド
 やはり、パッドはかなり摩耗しておりました。
 下が新品ですから全然違いますよね。

ピストン
 キャリパーを中性洗剤とブラシできれいにして、ピストンのもみもみをしましたが、めちゃくちゃスムーズに動きました。
 ちょうど去年の9月下旬にキャリパーのオーバーホールをしているからだと思います。
 まだ、フロントをやっていないのでやらないと。

パッドピン
 パッドピンはオーバーホールのときにステンレス製のものに換えています。
 若干変色はしていますが、引っ掛かるような傷はありませんでした。

作業後
 パッドのシム側にアストロプロダクツで買ったグリスを薄く塗って、元どおりにしました。
 キャリパーボルトの締め付けトルクは40Nmです。

作業後
 うむ、美しい。
 しかし、

トップケース破損
 トップケースを開けたとたんに、ストッパーがブチっといっちゃいました。
 機能的には問題はないのですが、やっぱり直したいです。

トップケース破損
 でも、ブチっといったベルトがリールの中に入っちゃって取り出せそうにありません。
 また時間のある時に何とかしたいと思います。

 さて、今回のリアブレーキパッドの交換については、前回交換から約8,000kmでした。
 実は前回のパッドは約1,000円で買いました。
 その前も約1,000円、その前がフェロードプラチナムでした。
 フェロードでも激安のでも交換サイクルは約8,000kmで、制動力に違いは感じられませんでした。
 ということで、今回以降もリアに関しては激安パッドで行きます。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : バイク R1100RT ブレーキパッド交換

BMW Motorrad Days 2018 白馬に行ってきました!

 今年も白馬で「BMW Motorrad Days 2018」が開催されました。
 参加された方々、本当にお疲れさまでした。
 去年は良い天気だったそうですが、今回はあいにくの雨でした。

 事前の天気予報で雨と知りつつ、土曜日の早朝暗いうちに自宅を出発しました。
 雨だろうが、1人だろうが俺はRT号で行くんだと家族に表明していましたが、結局、家族三人で行くことになり、ヘルメット、ジャケット、カッパを詰め込んで四輪で行きました。
 道中も結構な雨だったので、これはこれで正解だったと思います。

 そして、今回3度目にして、オール高速利用!
 過去2回は、オール一般道でした。

名物旗の道
 高速使うと千葉からでもあっという間に着いちゃいました。
 名物の旗のある直線
 本当はRT号が写真に入っているはずでしたが四輪のため、風景のみです。
 この道に来ると、白馬に来たぁ~って感じになります。
 四輪は突き当りを左折、白馬五竜いいもりゲレンデの駐車場へ回されてしまいました。
 駐車場からは無料シャトルバスで会場入りしました。

ライディングゾーン
 会場に来ても雨が降っていました。
 開場前に濡れた路面で走行テストしていました。

 宣誓書を受付に渡し、リストバンドを付けてもらい会場入りしました。
 首からかけるタイプよりリストバンドの方が邪魔にならなくていいです。

エンジョイゾーン
 階段を上ると、どうです初日の朝は雨のせいか人が少なかったです。

インディビジュアライズコンテスト
 インディビジュアライジング・コンテスト車両展示
 とりあえず3人で投票しておきました。
 息子はオフロード風が好みのようです。

ステージ
 ステージ
 雨にもかかわらず、夕方の本番のためにリハーサルをしていました。

ライフガレージ
 リラックスゾーンにあるライフガレージ
 渋いものがそろってました。
 RnineTは、私のでかい図体にはちょっと小さいかな。
 カミさんが乗ればかっこいいと思いますが、大型免許がないので仕方ない。

オンロード試乗会
 せっかくヘルメットやらを持ってきたので、オンロード試乗会に参加しました。
 朝一で申し込みに行ったら、お客さんが少なくてどれでも選べる状態でした。
 これは、ラッキーです。
 初めて来たときは、C650GT、2回目に来たときはF800GTでした。
 R1200RTは現行型が出たときにディーラーで試乗したので、残るはKシリーズ

オンロード試乗会
 ということで、せっかくなのでK1600GTLにしました。
 これは絶対に自分では買えないですし、一度はBMWのシルキーシックスに乗ってみたかったので選びました。

オンロード試乗会
 自分のRT号より一回り大きですが、跨ってみるとあまり大きさは感じなかったです。
 しかし、ハンドル周りのスイッチが多いこと!何がどうなっているのか。
 困ったのはエンジンの掛け方がわからんかったことです。
 エンジンキーがないですから、ちょっとパニック。

 馬力は私のRT号よりあるので、ウェット路面ということで心配でしたが、発進からどこまでも、まースムーズなこと、ボクサーツインのようなドコドコ感は全くなし。
 ヌーっと発進する感じでした。
 裏を返せばRT号よりパンチはない感じですが、とにかく乗り心地が良かったです。
 でも、スロットルをバッと開ければ滑らかかつすごい加速をしましたよ。
 タンデムにもってこいなバイクだと思いました。
 安定感も半端ない。まるでクルマ。
 あと走行モードをいろいろと変えてみたかったのですが、操作方法が全く分からず断念。
 性格がRT号とは全く違ってこれはこれで素晴らしいですが、今の私的にはボクサーツインの方が好きかな。

ドネルケバブ
 昼は屋台のケバブを食べました。
 お~ケバブは白馬でも千葉でも同じ味がする。
 しかし、ステージ前のテントでリハーサルを聞きながら、食べるは良かった。
 生演奏は迫力が違いますね。

キャンプサイト
 ゴンドラ無料なので乗ってみました。
 上からキャンプサイトを見ると雨の中でもけっこうテントが張られていました。
 たくましいです。
 私も来年はテントを張ってみたいと思っています。

ピットタイヤ交換デモンストレーション
 午後の試乗の前にライディングゾーンでやっているピットタイヤ交換デモンストレーションなどを見学しました。
 試乗時間の都合上、ライダーなし、ウェットタイヤに交換しているところしか見ることができませんでした。
 本番じゃないのでゆっくり作業しています。

G310Rレーサーデモンストレーション
 G310Rレーサーデモンストレーション
 HP4は雨のため中止
 女性の方も何人か混ざっておりました。
 これならすぐにカミさんでも乗れるんですがねぇ~
 よさそうなバイクです。

i8ペースカー
 さて試乗
 試乗のコーナーにi8があったので、試乗できないのかと聞いたらダメ、でもi3があるということで、せっかくなのでみんなで乗ることにしました。

四輪試乗会
 i3の試乗
 バイクの試乗もしたかったですが、電気自動車乗ったことないし、まぁいいかということで試乗しました。
 乗った感じは、ロードノイズは218dと同じくらい入ってくるようですが、そのかわりエンジン音がないので静か。
 加速は218dのスポーツモードでも勝てるかなぁというくらいよかったです。ちなみに変速ショックなんてものはありません。
 ハンドリングはうちの218dとあまり変わらない感じがしましたが、日本仕様はアクティブツアラーと同様に立体駐車を考慮してMスポーツサス仕様で3センチほど下げているそうです。
 穴ぼことか段差で硬さを感じますが、カーボンファイバー製のフレームの剛性感は半端じゃなく、車体に歪みが出ないので、ガタンと来ても嫌な感じが全くなかったです。
 ブレーキングは、回生ブレーキのため、交差点で止まるときもブレーキペダルを踏まなくても止まれました。
 けっこうおもしろいクルマだと思いましたが、残念なのは4人乗りで荷物もあまり積めないというところですかね。
 うちのグランツアラーくらいの積載量があれば買いなんだけどなぁ~。高くて買えないでしょうが・・・

オフロード試乗会
 開場に戻って山を見ると、GS軍団が山道を登っていきました。
 オフロード試乗会ですかねぇ。
 残念ながらヒルクライムコンテストは見られませんでした。

空模様
 この日は雨が降ったりやんだり、時折雲の間から青空が出ることもありました。

モトリンピック
 モトリンピックで息子に意外な才能ありか?
 運動が苦手な息子ですが、キックターゲットとストラックアウトをやってみたいというのでやらせてみたら、蹴ったボールが的に入りまくる

モトリンピック
 投げたボールが結構的に当たり、これは意外な才能があるのではないかと思ってしまいました。
 親バカなんでしょうが、景品がもらえる基準点はクリアーしてました。
 残念ながら基準点の景品が出つくされていたためもらえませんでした。
 柔道やめて、サッカーか野球か?

モトリンピック
 元ソフトボール部のカミさん、ちゃっかり女性用のハンデ位置から投球。
 これは期待できると思ったのですが、久しぶりにボールを投げたということで、力んでしまい、いい成績が残せませんでした。
 残念です。

展示会場
 雨の中でも家族で楽しめたと思います。
 何故でしょう。また来たくなるんですよね。
 今回は千葉で知り合った方にも会場で会うことができましたし、人見知りな私としては少し進歩したかな。
 ということで、BBQは参加しないので、早めに会場を出ました。

道の駅「小谷」
 宿のチェックインまで時間があったので、道の駅「小谷(おたり)」に行ってみました。

立ち食いそば
 カミさんが買い物している間に、立ち食いそばスタンドを発見したので、そばの信州、千葉の立ち食いとどれだけ違うか試してみることにしました。

かけそば
 やっぱりここは、一杯のかけそば(400円)でしょう。
 信州の立ち食いそばスタンドをなめてはいけません。
 私的には、やはりうまいと感じました。どれぐらいうまいかはちょっと表現できませんが・・・
 とりあえず、このくらいの量なら私の胃袋的に食事としてはノーカウントです。
 長野で立ち食いそばを見かけたらお試しください。

ペンション・スノー
 お泊りするペンション「スノー」さんです。
 静かなところにあるペンションでした。
 カミさん曰く「私の好きな茶色が基本的に使われていて、何かいい」とのこと。
 ベッドではなくカーペットにマットレスを置くタイプ。
 今までいろんなペンションに行ったことがありますが、珍しいことに共同トイレはなくて部屋にユニットバスがありました。
 でも、貸し切り風呂はありました。

ペンションからの眺め
 ペンションからの眺めも良かったです。
 天気が良ければもっといいのでしょう。

白馬駅
 今回のお泊りは夕食なしにして、外に食べに行きました。
 そば専門店と思ったのですが、白馬のほとんどの蕎麦屋さんは昼しかやっていません。
 白馬駅まで行けば何かあるだろうということで、駅ロータリーに行ってみたら夜もやっている食堂を発見したので入りました。

かき揚げそば
 息子はかき揚げそば

きのこそば定食
 カミさんは、きのこそば
 私は写真のきのこそば定食にしました。
 食堂だけにリーズナブルでしたが、そばはやっぱりおいしかったです。

スーパー Aコープハピア
 ペンションに戻る前にやっぱ地元スーパーで買い出し。

買い出し
 しっかり買い出し。
 閉店直前だったので、お惣菜が半額。

疲労回復
 ペンションに戻って、疲労回復の飲み物を飲んで、気を失いました。
 そして、次回に続く

 以下、この日の戦利品の紹介です。

受付時に渡されるもの
 これは、宣誓書を渡すと受付でもらえるステッカーやカタログなどです。
 青い長細いのが2日目用のリストバンドです。

会場でもらえるもの
 これは会場でタダでもらえるプレゼントです。
 ミニのタンブラーはアンケートに答えるともらえました。

オリジナルグッズ
 開場で売られているMotorrad Days 2018オリジナルグッズです。
 私サイズのTシャツはないので、私だけタオルにしました。

モトリンピックの参加賞
 モトリンピックの参加賞です。

ピンバッジ
 R1100RTのピンバッジ買っちゃいました。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : バイク R1100RT MotorradDays

スポーツシティー・フロントフォークの初メンテナンス

 このところ、カミさんも近場のお出かけに、少しではありますが自分のバイクに乗るようになりました。
 しかし、先日バイクカバーのかかった前輪下のコンクリートにシミを発見しました。

フォークオイル漏れ
 これが、そのシミです。
 ちょうどフロントフォークの真下だったので、これはと思いよく見てみると、ダストシールから下へオイルがべったり付いていました。
 駐輪中は染み出している様子はなかったので、走行中に漏れ出たものが、駐輪してからポタッ、ポタッと落ちたものだと思います。

オイルシールとダストシール
 間違いなくオイルシールの劣化と判断し、ヤフオクでダストシールと一緒に落札しました。
 今回はたまたま純正品がセットでヤフオクに出てて助かりました。
 でも、オイルシールはサイズを合わせれば、純正でなくてもよさそうです。

漏れたオイルでベトベト
 センタースタンドを立てていると、フロントタイヤが接地するので、あらかじめジャッキでフロントを持ち上げておきました。
 フロントフェンダー、フロントブレーキキャリパー、タイヤを外し、さらにフォークに付いているフェンダーの土台を外すと、流れ出たオイルでベトベトになっていました。

サークリップ
 フロントフォークを外すため、フロントパネル(ヘッドライトごと)を外し、インナーチューブを固定しているボルト2本を外しました。
 これは緩めるだけでもいいと思います。
 さらにインナーチューブの頭についているサークリップ(フロントフォークがすっこ抜けいないようにしている針金)を外すと、スポッとフロントフォークが抜けて落ちます。

キャップ
 インナーチューブはそのままでは、アウターから引き抜けないので、まずインナーチューブの頭にあるキャップを六角かトルクスで外しました。
 キャップを回しているとシューっと空気が入るのか抜けるのか音がしました。
 キャップは外れると同時に中のバネに押されて飛んでしまうので要注意です。
 後はバネを引き抜いて、中の古いオイルを出しました。
 独特のくさい臭いが充満しました。

エクステンションバー
 インナーチューブ内のポンプを外すため、エクステンションバーに六角ソケットを付けて、ポンプに差し込んでおきました。

ローワースクリュー
 そして、アウターの底のボルトを回しました。
 先ほどのポンプに六角を差し込んだのは、アウター底のボルトを回したときにポンプが一緒に回らないようにするためです。そうしないと空回りしてポンプは外せません。
 実は用意していたマニュアルのフォークとカミさんのバイクのフォークは基本構造は同じでも、ところどころ違うところがあり、最初この作業は非常に手こずりました。

ポンプ
 ポンプと小さなスプリング、バッファーがインナーチューブの中から外れてきました。
 これで、インナーチューブがアウターから引き抜けるようになりました。
 インナーチューブを引き抜き、ダストシールとオイルシールを外し、すべてパーツクリーナーできれいにしました。
 ダストシールに破れはなかったのですが、経年劣化していることは間違いないでしょう。

フォークの分解
 分解清掃したものです。
 RT号はスプリングが入っていないので、もっと簡単に作業できるのですがねぇ
 インナーチューブの常に空気に触れている上の方にポチポチと錆があったので、紙やすりを使って除去しました。 

オイルシール
 オイルシールはRT号のときにも使った塩ビ管で押さえて、ゴムハンマーでガンガン叩いて入れ込みました。
 ここの構造はRT号と全く同じで、ワッシャー入れて、オイルシール入れて、クリップで留めて、ダストシールをかぶせました。

ポンプ
 インナーチューブにポンプ一式を差し込んで、シャフトの先にバッファーを付けてからアウターに差し込んで、アウター底からボルト留めしました。
 もちろん、このときもポンプが空回りしないように、エクステンションバーに六角ソケットを付けたものを差し込みました。

スプリング
 インナーチューブにスプリングを差し込んで、新しいフォークオイルを注ぎ込みました。
 (フォークの後ろの塩ビ管がオイルシールをはめ込むときに使う特殊工具です。)

フォークオイル
 スポーツシティのフォークオイルは7.5番で左右それぞれ135mLですが、今回はより柔らかめの5番を選択しました。
 理由はフロントの突き上げ感が結構あるのと、7.5番はあまりバイク用品店に置いていないようですが、5番だとだいたい置いてあって、しかも安く手に入ります。

2本完成
 後はスプリングを留めているキャップをねじ込んで完成。

フォーク取付
 バイクに戻って、フロントフォークを差し込み、まず抜け落ちないように頭をサークリップで留めました。
 あとは、ボルト2本を締めて挟み込んで固定するだけです。

フォーク取付
 左右のフォークを取り付け、仮止めしてからホイールシャフトを差し込んでやると、フォークの向きが決まるので、それから固定しました。

シリコングリス
 ダストシール周辺にシリコングリスを塗っておきました。

完成
 後は、元どおり組みなおして完了。

完成
 近場をぐるぐる試走しました。
 舗装の荒れたところも、走ってみましたが、気になっていたフロントの突き上げ感が若干緩和されて、乗り心地が良くなりました。
 柔らかくなっても、特に不安定になるようなことはありませんでした。
 それと、オイル漏れもありませんでした。

 スポーツシティフロントフォークはRT号と違ってスプリングが入っているので、構造が複雑になっていますが、慣れてしまえばってレベルだと思いました。
 あと、カミさんが乗るバイクなので乗り心地が良くなったのは、大きいです。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

tag : スポーツシティ フロントフォーク

インカム使ってみよう

 ほとんどソロツーリングの私ですが、インカムを買ってみました。
 遠出をするときなど携帯をナビ代わりにしているのですが、案内の音声が全く聞こえなくて困っていました。
 ということで、インカムとは言っても、誰かと会話するよりも、主に携帯の音声を拾うために買ってみました。

 と、その前に
 結構前になりますが、HIDに交換してから何か光軸がずれているような気がしました。
 もっと早くに確認すればよかったのですが、放置していました。

光軸調整(before)
 遠目にすると、やっぱり上を向きすぎているようです。

光軸調整(after)
 調整ネジを回して、光軸を下げました。
 けっこう回してこんなもんです。
 何でこんなにずれるのでしょうか。

光軸調整(after)
 下向きにするとこんな感じになりました。
 カットラインの感じから、前を走る車や対向車はまぶしくないと思います。

 それでは、本題
 インカムと言ったらサインハウスのが有名ですよね。
 でも、高いんですよね。

インカム
 ということで、アマゾンで2個セットのものを買ってみました。
 サインハウス1個の半額くらいです。
 もちろん、中国から直送で届きました。

インカム
 外箱を開けると、本体と説明書

中身
 中身を全部出すとこんな感じです。
 マイクは2種類、バーが付いてるのと、付いてないの
 あとは見ての通りです。
 操作マニュアルは日本語付きですが、ヘルメットへの装着手順は英語のみです。

装着
 早速、取付
 私のヘルメットの場合、マイクのためのマジックテープと本体を取り付けるマジックテープの合計2枚を貼り付けたくらいで、加工なしで取り付けできました。
 もう1台は、カミさんのシステムヘルメットに取付ました。
 こちらも無加工で付きました。

 使用インプレはまた後ほどということで


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : バイク R1100RT インカム

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR