フロントタイヤ交換とホイール塗装

 フロントタイヤのスリップサインが出てしまいました。
 これから雨の季節になるので、さっそく交換しました。
 この前、前後セットで購入したメッツラーZ8Mを使いました。

フロントフォーク
 フロントホイールを外すと、フロントフォークの汚れがひどい!

フロントホイール(交換前)
 ホイールもブレーキダストで汚れまくりです。
 ブレーキディスクを外すと、普段隠れているところが特にひどい汚れです。

フロントタイヤ(交換前)
 スリップサインが出ました。
 あと、偏摩耗があるような気がします。

フロントホイール(塗装前)
 ホイールの表面を拡大すると傷だらけ
 これは、硬い樹脂製のチェーンロックを使っていたせいだと思います。
 積もりに積もった傷です。
 今回、塗装してきれいにしてやるつもりでした。

ビートブレーカー
 汚れているホイールを洗剤できれいにしてから、空気を抜いてビートブレーカーを使ってタイヤを外しにかかりました。
 タイヤを外すのは、もちろんタイヤレバーを使った手作業です。

フロントタイヤ塗装
 ホイールを紙やすり(600番、1000番)で磨いてから、ホイール用のラッカーで塗装しました。
 今回は天気が良かったので庭でやったのですが、温度が高すぎたのか、スプレーすると表面がザラザラになってしまいました。
 前回、四輪のホイールを補修したとき、室内で同じラッカーを使ったのですが、今回のようにザラザラにはなりませんでしたから。
   その時の記事 ~ スタッドレス用アルミホイールの購入
 仕方ないので、乾燥させてから紙やすりで少し磨きました。

フロントホイール装着
 新しいタイヤをタイヤレバーを使って装着し、近くのガソリンスタンドのコンプレッサーをお借りして、ビートをパコン、パコンと上げてから、空気圧2.9barとしました。
 後で調べたらフロントの標準は2.5barだったので、少し抜いておきます。

フェンダー装着
 フェンダーを取り付けて完了です。

象さん
 メッツラーの象さんが疾走しております。
 タイヤの回転方向を表しているそうですが、ここまで皮むきできる人はすごいですな。

完了
 チェーンロックも新しいものに換えました。
 カミさんのバイク(ピンボケしてしまった)は、あんまり動かしていませんな。
 ほぼ、私のバイクが調子悪い時の代車になっております。もったいないですな。

 前回の交換(メッツラーZ6)が、昨年6月17日の82,319km
 今回の交換が、約1年後の93,107km
 10,000kmちょっとでの交換となりました。
 今度は、リアタイヤの交換になると思いますが、今のところヤフオクで前後セット(値上がりしています)で購入できますが、18インチが少なくなっているので、いつまで格安で入手できるかが心配です。
 17インチ化もあるのですが、聞くところによるとコーナリングの性能が低下するらしいです。
 困ったものです。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

tag : バイク R1100RT タイヤ交換 アルミホイール

トップブリッジのカバーを作りました

 ずいぶん前に、前のオーナーさんが貼り付けていたトップブリッジのカバーがボロボロになったため、はがしたまま放置していました。
 エンジンキーについているキーホルダーやリモコン等がガチャガチャあたってよくないので、重い腰を上げてカバーを作ることにしました。

 前についていたカバーは皮製だったのですが、今回は合皮と決め、100均で合皮シートを購入しました。
 切り取るための型については、ネットで販売されているカーボン調のカバーを参考にさせてもらいました。

トップブリッジ
 ベアリングのキャップを外し、へばり付いていた両面テープの粘着質をパーツクリーナーを使ってきれいにふき取りました。
 けっこう傷だらけです。

トップブリッジカバー
 パソコンで型紙を作り、合皮シートを切り取って、やはり100均で買った強力両面テープを前面に貼り、トップブリッジに貼り付けました。
 貼ったばかりなのできれいですが、雨ざらしにされるので耐久力が心配ではあります。
 応急的なものになりそうです。

トップブリッジカバー
 エンジンキー刺すとこんな感じです。
 よく見るとキーホルダー等はほぼベアリングのカバーに乗っかている感じでした。
 まぁ~、いいかぁ~。

 今度ボロボロになったら、型紙があるので、樹脂プレートで作ろうかと思います。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : バイク R1100RT トップブリッジカバー

バルブクリアランスの確認と調整をしました

 3年前からさぼっているバルブクリアランスの確認と調整をやりました。
 3年前は確認したら規定のとおりで調整はやりませんでしたが、3年たつのどうなっているのかというところです。
 3年前の記事 → インテークマニホールドの交換

シリンダーヘッド
 いつも通り30本のネジを外してフェアリングを取り外したところです。
 ここから、ヘッドガードを外し、スパークプラグとヘッドカバーを外しました。

スパークプラグ
 デンソーのイリジウムプラグ、去年の秋に交換したものです。
 イリジウムは電極を絶対に磨いてはいけないので、このまま放置しました。

ヘッドカバー開けたところ
 ヘッドカバーを開けたところです。
 開けたら中に溜まっていたエンジンオイルが垂れてきました。
 受け皿を忘れずに。

クランクケース小窓
 バルブクリアランスの確認をするために、シリンダーをTDC(圧縮上死点)にする必要があるので、ギアを5速に入れ、クランクケースにある小窓を見ながら、後輪を回し、OTの位置にしました。
 でも、小窓のキャップが結構狭いところにあるので、面倒です。

カムシャフトスプロケット
 クランクケースの小窓を使わなくても、ロッカーアームのすぐ近くにある、スプロケットを見ながら、矢印が真横になるように後輪を回してやればTDCにできます。
 私はこの方法でやりました。

ロッカーアームのスラスト隙間の点検
 ロッカーアームのスラスト隙間(左シリンダー側)の確認
 バージンBMWのページで確認したところ、隙間は0.05~0.4mmが基準で、0.1mmのシックネスゲージが入れば調整とありました。
 確認したところ、0.1mmのゲージがスポッと入ってしまったので、ロッカーアームの下のE45のトルクス3本と15mmのナット1本を緩めて、下から樹脂ハンマーで叩いて調整しました。
 0.05mmゲージが入って、0.1mmが入らないように調整するのですが、よしと思ってネジを閉めると調整がずれてしまいます。
 締め付け後ぴったりにするためには、修行が必要なようです。

吸気側点検
 吸気側のバルブクリアランスの確認、規定値は0.15mm
 0.15mmゲージはするっと入ってしまいました。 

吸気側点検
 試しに0.20mmゲージを入れてみると、入っていしまいました。
 ということで、締めました。
 これも、ナットを締めると調整がずれるので、緩めてはヘックスを少し締めて、ナットを締めるというように手探りで0.15ゲージがキツキツになるまで調整しました。

排気側点検
 排気側バルブクリアランスの確認、規定値は0.30mm
 こちらも0.30mmゲージがスルスル入ってしまったので、調整しました。
 結果的には左右シリンダーのバルブクリアランスが少しずつ広がっていました。
 少しずつ広がっていく傾向があるというのは本当のようです。

エンジンオイルレベルゲージ
 エンジンオイルを1月末に交換してから4千キロ弱走っているのと、ヘッドカバーを開けたときに、エンジンオイルが垂れたこともあり、新しいエンジンオイルを補充しました。

 続いてエンジン同調をするために、シリンダー周りを組み立てて、暖機運転。
 セルモーター回したら、5速に入れているのを忘れていたため、焦りました。
 ニュートラルにして、再度エンジンを回してみたら、何となく静かになったような。

アイドリング時の負圧(左)
 暖機後、アイドリング時の左側の負圧を計測したものです。

アイドリング時の負圧(右)
 右側の負圧も測定してみると、若干ずれていたのでアイドルスクリューを回して調整しました。

2,500回転
 次に、今回は2,500回転に固定して

2,500回転時の負圧(左)
 左側の負圧を測定し、すぐさま右側の負圧を測定
 ずれていたので、調整しようと思ったら、スロットルワイヤの調整ネジのナットを緩めるのを忘れてたため、焦りました。
 オーバーヒートしてしまうと、慌てて調整したため、ちょっと大雑把な調整になってしまったかもしれませんが、一応合わせました。

完了
 フェアリング、パニアを戻して完了。
 この日はゴールデンウィーク半ばだったのですが、後半に走らせる予定はありません。

アプリリア
 作業スペースを確保するため、移動させたカミさんのアプリリア
 こいつはエンジンオイル交換とか基本的なメンテナンス以外やらなくても大丈夫なようです。
 こいつを定位置に戻して本当に作業終了。

 バルブクリアランスの微妙な調整でどんな変化があるのかないのか、楽しみです。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : バイク bmw bmwmotorrad R1100RT バルブクリアランス

久しぶりにギアオイル交換しました

 ゴールデンウィーク初日の空いた時間に、交換しようと思って、つい忘れていたギアオイルをやっと交換しました。
 とうのも、明日は栃木県の奥鬼怒温泉まで遠出するため、その前に交換してしまいたかったのです。

トランスミッションオイルフィラープラグ
 まずは、トランスミッション側のフィラープラグを外しました。
 へばり付いているのでパチンといって緩みました。

トランスミッションオイル排出
 ドレンプラグをパチンと緩めて、古いオイルを排出しました。
 今回はちょうどよい厚みだったディーラーからのお知らせ手紙を使わせてもらいました。

トランスミッションオイルドレンプラグ
 外したドレンプラグなんですが、鉄粉がすごいのと、前回一度締めすぎたせいでガスケットがちぎれていました。
 オイル漏れしなくてよかったです。

トランスミッションオイル(旧)
 排出したオイルは思った以上に汚れていました。
 2年または10,000kmでの交換ということですが、3年と30,000kmも交換忘れていました。
 これは、いかんです。反省!

ファイナルギアオイル注入口
 並行してファイナルギア側のフィラープラグを外しました。

ファイナルギアオイルドレンプラグ
 やはり、鉄粉がすごく付着していました。

ファイナルギアオイル(旧)
 排出したオイルは、やはりかなり汚れていました。
 いかんです。
 よく頑張ってくれました。

ドレンプラグ
 ドレンプラグに付着していた鉄粉を取ってきれいにしました。
 ファイナルドライブ側のドレンプラグだけ六角なんですよね。

スポーツシティ250ieキューブ
 ガスケット買うの忘れていました。
 カミさんのアプリリア出動!
 最寄りのホームセンターへ駆け込みました。

ガスケット
 うちの11RTは、トランスミッション側のフィラープラグだけガスケットのサイズが違うんですよね。
 両方のドレンプラグを取り付けました。
 調べたところ、4本のプラグすべて、規定の締め付けトルクは23Nmです。

キャストロールMTF80W-90
 今回はコストパフォーマンス重視で、キャストロールのMTF80W-90を使うことにしました。
 ホームセンターで1本千円ちょっとで買えます。
 前回は、1L缶1本しか購入しなかったので、後から不足分、モリブデンを注入するという暴挙に出ました。
 しかし、トランスミッション側0.8L、ファイナルギア側0.23Lとは、何という設定でしょうか。
 今回はお安いので2本買いました。

トランスミッションオイル注入
 まずは、自前の計量カップで0.8Lを量って、トランスミッション側の注入口に耐油ホースと漏斗を使って流し込みました。
 粘度が高いのでゆっくり入っていき、ロスっている分でしょうか規定の量に達しませんでした。
 あとは注入口を覗きながら、少しずつ流し込んでいきました。

トランスミッションオイル量確認
 写真ではわかりにくいですが、注入口の高さいっぱいまでオイルを入れました。

ファイナルギアオイル注入
 次に、ファイナルギア側にオイルを注入しました。
 最初に0.2L量って入れ、後は少しずつ、確認しながら注入口のネジ山最下部の位置を目指しました。
 入れすぎるとブリーザーから噴き出ることがあるらしいです。
 作業は自宅の車庫でやっていますので、水はけの関係でコンクリート打ちは水平に作られていません。
 ということはきっちり合わせても、あまり意味がない可能性がありますが、ここは気にしないでおきます。

ファイナルギアオイル量確認
 これも写真ではわかりにくいですが、ねじ山最下部まで注入しました。
 後はすべてのプラグを規定トルクで締め付け完了しました。

ドライブレコーダー充電ケーブル
 あと、長くてぶらぶらしていたドラレコの充電ケーブルを100均のコイル式のケーブルにしました。
 すっきりしましたが、耐久性が心配です。

 明日は、早朝出発で久しぶりの県外遠征、3年ぶりに新しくしたギアオイルで走るのが楽しみです。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : バイク R1100RT ギアオイル交換

千葉ツーリング倶楽部の撮影会に参加しました

 この前の日曜日に、「千葉ツーリング倶楽部」の撮影会イベントに参加させていただきました。
 フェイスブックで見つけたツーリングクラブでオフイベントとしては初参加です。
 10年ほど前、ボルボのオーナーズクラブに登録して、いろいろなオフ会に参加させていただき、すごく楽しかった記憶がありますので、今回もわくわくドキドキしながら集合場所へと向かいました。

 会場の袖ヶ浦海浜公園に集合時間である8:30より前に到着
 すでに駐車場にはそれらしきバイクがずらりと並んでいました。
 とりあえず、列の端っこにバイクを止めて、付近にいるメンバーらしい方々に挨拶しました。
 この瞬間がドキドキものです。

集合写真
 お時間が来たところで、撮影用にバイクを整列しなおしました。
 すごいですよね。
 いろんなバイクが並んでいます。
 BMWは2台、R1200GSアドベンチャーと我がR1100RTでした。

ドローン
 この撮影会ですごかったのは、ドローンを使っての空撮を行ったことです。

千葉フォルニア
 最後は千葉フォルニアに整列したのち、全員で自己紹介をしてから、駐車場に低空でホバリングしているドローンに向かって1台ずつ進行しての動画撮影を行いました。

 その後は、駐車場で自由におしゃべりです。
 撮影会の進行をされていた方が、空冷DOHCのGSアドベンチャーで、サイドのボックスにMotorrad-Days-Japanのステッカーを貼っていらっしゃったので、今年はどうですかと尋ねてみたところ、ぜひ行きたいとのことでした。
 毎年、同じことをやっているけど楽しいから行きたくなるとのことでした。私も同感です。
 去年行けなかったから、今年は行きたいと思っています。

 メンバーの方々は本当にバイクが好きなんだなーと思いました。
 職場以外にあまり知人がいない私としては、いろいろな方々と知り合う機会が持てて、うれしいです。
 今後ツーリングイベントにも積極的に参加していきたいと思います。
 この機会に、カミさんや息子を巻き込みたいとも思っています。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : バイク R1100RT 撮影会 袖ヶ浦海浜公園 千葉フォルニア

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR