グランツアラー4回目のオイル交換

 愛車のエンジンオイル交換をやりました。
 12か月点検のタイミングに合わせて交換したかったのですが、週末に時間が取れなかったのと、某フリマサイトに注文したオイルフィルターが発送されてこなかったというトラブルもあり、予定より半月もずれてしまいました。

手動オイルチェンジャー
 毎回定番となったオイルの抜き取りスタイル
 タイヤをスロープに乗せて、エンジン下にもぐれるようにしています。
 それと、駐車場が道に向かって下がっているので、エンジンが水平になっているかもしれません。
 そして、オイルのレベルゲージ穴からチェンジャーのパイプを入れて、手動で吸い出してあげました。
 お出かけ後のため、オイルが暖まっていたため素早く抜くことができました。
 でも、これまでは気にしてなかったのですが、前回5Lしか入れてないのに、6Lちょっと抜けました。
 おかしいと思ってネットで調べたらクリーンディーゼルは、オイルに軽油が混ざって増えるとのことです。

廃油
 半年で真っ黒になっていました。
 毎回、思いますがメーカーが推奨する交換サイクルは1年なんですが、本当に大丈夫?
 特にうちの車は短距離走行を繰り返しているので汚れが早いのかもしれません。

作業窓
 オイルを上から抜いたら、今度はエンジン下にもぐって、フィルター交換
 エンジン下はカバーされているので、フィルター交換用の窓を開ける作業をします。
 とは言っても、留め具2つをくるっと回すだけ。

オイルフィルターカバー
 まずは14mmソケットで真ん中のスクリュープラグを外して中に溜まったオイルを落としました。
 このときオイルが降ってくるのでかぶらないように注意。
 抜けきったら、32mmソケットでフィルターケースを外しました。
 回すときOリングが効いてて粘っこいです。

オイルフィルター(左新、右旧)
 フィルターケースをきれいにして、Oリングも交換。
 Oリングには新しいオイルを塗って、するする動くようにしてケースとへばりつかないようにしておきます。
 そうしないと、付けるときにOリングがめくれたり、伸びたり、切れたりするそうです。
 オイル交換の職人さんに教えてもらいました。
 フィルターケースは使いまわしですが、スクリュープラグは新しいものに交換しました。
 フィルターキットを買うとOリング、スクリュープラグがセットになっています。
 スクリュープラグは締め付けトルク5Nmですが、手トルクで、フィルターケースは25Nmなのでトルクレンチで締めました。

使用オイル
 3回目まで使用してきた20L缶、1回5L使うので単純計算4回目まで使えるのですが、毎回ロスっている分、吸い出してみたら4Lちょっとしか残っていませんでした。
 その分は、新しい缶から出しました。
 POLO SYNPRO 1000 EURO-V 5W-30は全合成オイルで、クリーンディーゼルに対応していて、BMW LL-04にも適合しているので問題ないと思われますし、お値段もなかなかよいです。
 ジョッキで古い缶に残っていた4Lちょっとをエンジンに入れ、レベルゲージを確認しながら、やはりおおむね5Lでmaxとなりました。

オイルレベルチェック
 あと、コンピュータにもオイルレベルを測定させました。
 暖機運転後、測定開始です。


 測定を開始すると、エンジン回転が少し上がりました、タコメータを見るとちょうど1000回転になっていました。
 測定結果は「エンジンオイルレベル異常なし」ということで、完了です。
 これで、また半年乗れます。
 ゴールデンウィークや夏休み頑張ってもらわないといけませんからね。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

tag : bmw 218d グランツアラー オイル交換

グランツアラー 12か月点検受けました

 我が家の218dグランツアラーが2度目の12か月点検を受けました。
 例のエアバックのリコールだったり、今週はカミさんが運転中にエンジンを停止するように警告が出たりというのがありましたが、購入から2年間問題はありませんでした。

12か月点検
 これが点検結果(納品請求書)です。
 では項目順に確認していきましょう。
1 点検費用は、やはり割高であると言えますね。私の記憶が確かなら国産車の倍くらいでは。でも割引2,000円ありました。
2 ブレーキをばらして掃除するときに必要になる部品だそうです。点検費に含めちゃえばいいのにと思いました。
3 ホイールを外すので規定のトルクで締め上げているとのこと。今月に入って冬タイヤから戻して安物のトルクレンチで締めていたので、ありがたいです。
4 使用限界まで0.6mm。ブレーキディスクの摩耗は比較的早いようです。
 リアブレーキパッド交換時にリアディスクも限界を迎えるのではとサービスの方が言ってました。
 ヤフオクで調べたところ、リアのパッド、センサー、ディスク1台分セットで2万円くらいで出ています。
5 リアブレーキパッドが減っていますが、警告が出るまで放置します。
6 タイヤ溝は問題ないそうです。
7 タイヤの空気圧を調整してもらいました。
8 バッテリー問題なし。
9 バッテリーは2015年第47週のを使っているので、おおむね2年ですかね。
 何年もつのでしょうか?AGMバッテリーは結構高いです。
10 冷却水問題なし。
11 やはり今週のエラーが記録されていました。
 オイルプレッシャーの低下と記録されているみたいですが、点検中は物理的にも電気的にも問題は見られなかったそうで、なぜエラーが出たか不明だそうです。
 また出るようなら入庫ですかね。
12~13 やっと、リコール対応してもらいました。
 リコールの通知が来て、連絡待ちだったのですが、12か月点検に合わせてやってもらいました。作業後の見た目に全く変化はありません。

 点検とは関係ありませんが、代車は218iアクティブツアラー(3気筒のガソリン車)だったのですが、218なら断然ディーゼルがお買い得と感じました。
 ディーゼルの方が音がうるさくて振動が大きいというイメージがありますが、218iの方が発進時の振動が大きいと感じました。で、音は同じくらいです。
 発進時の力強さはディーゼルの方がよいと感じました。
 アクティブツアラー(5人乗り)でグランツアラー(7人乗り)より車体が短いですが、取り回しに違いは感じませんでした。

 1年後は初車検です。
 それまでにリアのブレーキパッドとディスクは交換決定ですね。
 前乗っていたボルボV50よりもヤフオク等にパーツが豊富に出回っています。これは、さすがBMWというべきでしょうか。
 点検はディーラーにやってもらい、バイクと同様にユーザー車検やってみようかなと思っています。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

tag : 218d グランツアラー 点検

グランツアラーにドライブレコーダーを取り付けました

 年末にアマゾンで購入した激安ドライブレコーダーをやっと付けました。
 当時、アマゾンのタイムセールを物色していたら、リア用カメラ付きで安っ!と思い買っちゃいました。
 TOGUARDという会社のもので、日本語の取説も付いています。
 ちょっと厄介なのは電源がminiUSBなので、直に12Vから電源を取れません。
 今回はとりあえず付属のシガーソケット用電源を使いました。

ドライブレコーダー
 218dには、このドラレコの大きさだと、この位置しか付けられないと思います。
 電源ケーブルはフロントガラスの淵に押し込んで通し、Aピラーのカバーを外して中のワイヤーハーネスにタイラップで留めながら助手席脇へ、助手席の下をくぐってセンターのシガーソケットへ差し込みました。

運転席からの視界
 私の場合、運転中の視界はこんな感じになります。
 カミさんの場合は、もうちょっと視界に入ってくるかもしれません。

社外からの様子
 外から見た感じです。
 やっぱ、存在感ありますね。

 取付けた後に実際に撮影したものです。
 フルHDで撮影してみました。
 まあこんなもんじゃないでしょかね。

 激安でも普通に使えると思います。
 ただ、悪路を走ったら、本体がすこし重い分、アタッチメントが耐えられず、ずれてしまうのではないかと思います。
 SDカードを抜こうとカチャカチャやっていたら、ショックを感知して録画されていました。
 ちゃんと駐車監視モードが働いているようです。

 あと、リアカメラは配線が大変なので、また今度時間のあるときに付けたいと考えています。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

tag : ドライブレコーダー 218d

冬用のタイヤに交換しました

 今週はめちゃくちゃ寒かったです。
 我が家のグランツアラーもそろそろ冬支度することにしました。

夏タイヤ
 夏タイヤとはしばらくお別れです。
 私としては夏タイヤの方が静かだし、剛性感があるので好きなんですがね。

油圧ジャッキ
 去年、グランツアラー用に購入した大自工業の油圧式パンタジャッキFJ-100を使いました。

ジャッキポイント
 BMW特有のジャッキポイントです。
 普通のジャッキをあてることができません。

ジャッキをあてた状態
 何故かFJ-100はジャッキポイントにぴったりはまります。
 通常はジャッキの先に取り付けるコンバーターが必要みたいなので、お得です。

右後ろ
 右後ろのローターまわりです。
 汚れている以外は異常なさそうです。
 水洗いしたら、ブレーキダストがドバドバ流れ出してきました。

右後ろブレーキパッド
 右後ろのブレーキパッドの残りも大丈夫そうです。

右後ろキャリパー
 キャリパーの後ろから出ているパッドセンサーの配線です。
 パッド交換のときにこれも交換しなくては行かんのでしょうね。

右前
 右前のローター付近です。
 同じく汚れている以外は特に異常は見られません。

右前ブレーキパッド
 右前のブレーキパッドの残りも問題ないようです。

右前キャリパー
 右前にはパッドセンサーが付いていないのですね。

左前キャリパー
 左前にはパッドセンサーがありました。
 パッドの残りも大乗でした。

ドライブシャフトブーツ(タイヤ側)ドライブシャフトブーツ(エンジン側)
 グランツアラーはBMW(ミニ以外)でも貴重なFFです。
 ドライブシャフトブーツも問題なしです。

左後ろキャリパー
 左後ろもパッドセンサーはなさそうです。
 対角に設置されているようです。

左後ろ配線
 左後ろにもパッドセンサーの配線を支える場所だけはあるようです。
 他の車種は四輪ともセンサーがあるのでしょうか。

外した夏タイヤ
 外した夏タイヤは中性洗剤で洗ってきれいにして。
 水分をふき取って乾燥させてから、袋詰めしてラックに保管しました。
 来年の2月下旬くらいまでお休みですかね。

交換完了
 スタッドレスタイヤに交換完了。
 アルミホイールとタイヤは純正サイズと同じですが、やっぱ純正のダブルスポークの方が見た目では締まりがありますね。
 本当は夏用をインチアップして、残った純正の16インチダブルスポークにスタッドレスタイヤを装着したいんですが、予算的に無理でしょう。

車両ステータス
 グランツアラーはタイヤの空気圧が減ると警告が出るようになっています。
 とは言っても直接空気圧をモニターしているのではなく、タイヤの空気圧が減るとタイヤの径に微妙な違いが出るので、他のタイヤと回転に差が出るのを感知しているそうです。
 前回、タイヤを交換したときは空気圧の警告が出たのですが、今回はガソリンスタンドまで警告は出ませんでした。
 4本とも均等に空気が抜けたということでしょうか。

タイヤ空気圧リセット準備
 セルフスタンドの空気入れを使って、規定の空気圧(4人乗車)である前を2.6bar、後ろを2.4barにしました。

タイヤ空気圧リセット
 最後にスタンドを出発する前に、空気圧をリセット。
 回転の微妙な違いを感知するので、走り出した後に自動的にリセットがかかるようです。

 千葉は雪国ではないので、冬タイヤはあまり活躍はしてくれないかもしれませんが、千葉でもたまに大雪が降りますし、予定はありませんが冬の温泉地は最高なので、ひょっとした行くことになるかもしれません。
 このようなものは早めに準備しておいて損はないと思います。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

tag : スタッドレスタイヤ タイヤ交換

218dのナビをアップデートしてみました

 218dのナビの最新マップデータがインターネットでダウンロードできるという情報を入手したのでやってみることにしました。

コネクテッドドライブ スタートページ
 まずはインタネットブラウザでBMWコネクティッドドライブにログインしました。
 あらかじめ、ナンバーや車体番号などの車両データを登録してあります。

リモートコックピット ステータス
 リモートコックピットをクリックすると受けられるサービスが表示されました。
 USBマップ・アップデートの満了日は、2019年3月31日と表示されていますので、アップデート可能なことがわかります。
 何で天気予報が表示されているのでしょうか・・・

リモートコックピット コントロール
 コントロールのタブをクリックすると、マップ・アップデートへのリンクが表示されました。
 リンクをクリックすると、BMWダウンロード・マネージャーのダウンロードができるので、ダウンロード後インストールしました。
 何故か、3台のパソコンのうちOSがWindows10(64bit)にしかインストールできませんでした。

ダウンロード中
 ダウンロード・マネージャーをインストールし起動すると、マップデータのダウンロードが始まりました。
 上の図は、ダウンロード完了後に行われるデータの検証のようです。
 データは、Road Map JAPAN EVO 2017-1ということなので、きっと2017年版なんでしょう。
 しかし、インターネットの環境は悪くないのですが、ダウンロードにえらく時間がかかりました。

ダウンロード完了
 検証が終わると、USBメモリにデータを解凍するのですが、ここで落とし穴が。
 最低73.30GBのUSBメモリって、要するに128GBのUSBメモリしかないでしょう。
 試しに74GBの外付けHDDを選択してみましたが、エラーが出て使えませんでした。
 仕方なく、インターネット通販で格安USBメモリをぽっちっと購入しました。
 ディーラーにアップデートを依頼するよりはお安いようです。

USBメモリ書き込み
 入手したUSBメモリをPCに差して、書き込みを始めました。
 これがまた時間がかかること、一晩ほったらかしにしておきました。

USBメモリ書き込み完了
 次の日、書き込みが完了していました。

USBメモリ差し込み
 早速、エンジンを掛けて、センターコンソールにあるUSBポートに出来上がったUSBメモリを差し込みました。

更新開始画面
 USBメモリを差し込むと勝手に読み込んで、ナビの更新をするか聞いてきました。
 もちろん、更新開始!

更新中
 これもまた時間がかかりました。
 約1時間待ちました。ただ、アップデート中にナビの操作ができるんですよね。

再起動
 100%になり完了画面が短く表示されたら、いきなりナビが再起動されました。

アップデート完了
 地図バージョンを確認してみたところ、ちゃんとRoad Map JAPAN EVO 2017-1になっていました。
 ばっちり完了でしょう。
 このあと、カミさんがちょっとお出かけしましたが、特に不具合はなかったそうです。

 2017年版のマップになってどこがどう変わったかは、よくわかりませんが、新しい方がいいでしょう。
 アップデートの満了日は2019年3月いっぱいですから、あと何回アップデートできますかね。
 購入した大容量のUSBメモリはフォーマットして、クルマで聴く用の音楽データをこれでもかと書き込みましたが、余裕いっぱいでした。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR