銚子電鉄「お化け屋敷電車」に乗ってきました

 同じ道場の先生のお誘いで息子と銚子電鉄名物「お化け屋敷電車」に乗ってきました。
 一昨年前からやっているようですが、私は全然知りませんでした。
 テレビ番組でも紹介されていたようですが、見てませんでした。

 お化け屋敷の前にみんなで食事、腹が減っては何とやらと言いますので。
 はじめは銚子で有名なお蕎麦屋さん「萬屋」に行こうと思っていましたが、夕方はやっていないということなので、子どもたちにも、大人たちにもうけそうな、アメリカンレストラン「プれンティ」に行くことにしました。

ジャンボパフェ
 プれンティ名物の大きなパフェ
 子どももその親も楽しむことができました。

犬吠駅
 夜の犬吠駅
 何か雰囲気出てません?
 スタッフがみんな若い!
 それもそのはず、地元の大学生、高校生が協力してくれているそうです。
 受付を済ませるとタイ焼きプレゼント。
 お化け電車に乗る前に、銚子名物ぬれ煎餅の手焼き体験をしました。
 さらに、プレお化け屋敷と言ったところでしょうか、駅舎の中にもお化け屋敷がありました。
 子どもたちだけのグループを作って行かせたら、パニックになっていました。
 後で聞いたら、お化け役の人にやさしくしてもらったそうですが。

お化け列車
 お化け列車到着
 運転手はお化けの花嫁、車掌はゾンビ?ロボット?頭から煙が出てました。
 ガンガンに冷房が効いた車内に座ったまま約50分間、通常の電車ともすれ違います。
 なかなか銚子電鉄は気合が入ってるのではないでしょうか。電車好きにもたまらんイベントではないでしょうか。

記念撮影
 犬吠駅に戻ってくるとお化けと記念撮影できました。
 スタッフの方がカメラのシャッター押してくれます。
 子ども(友達、兄弟複数人で)にお勧め、もちろんカップルにもお勧めですかね。
 よい思い出になったと思います。
 ただし、銚子まで戻る電車はなさそうなので、犬吠駅から帰る手段は確保しておいた方がいいでしょう。
 今年は8月25日までやっています。
 チケットは銚子電鉄1日乗車券にもなります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

佐倉花火フェスタ2017を観に行きました

 夏と言えば、花火もその一つだと思います。
 去年はタイミングが合わず、観に行けなかった佐倉市の花火大会、今年は観に行くことができました。

撮影スポット
 一昨年と同じ場所で観ることにしました。
 会場とは違い出店はありませんが、人は少ないので花火に集中できるところです。
 今年はカミさんも来ましたが、この場所に来るまでに疲れてしまったようです。

花火
 待つこと約1時間、オープニングのスターマインが打ちあがったところです。
 始まると疲れ切っていたカミさんと待ちくたびれていた息子は復活しました。
 約1時間16,000発、千葉県の花火大会の中では大きい方だと思います。
 見どころは、10分間で6,000連発のビッグプレミアムスターマイン、直径約500mの関東最大級の二尺玉、尺玉30連発です。
 今回はほとんど写真は撮らず、この目で観ることにしました。
 尺玉と二尺玉はただただ、きれい、大きい、口開いたままでした。そしてものすごい音でした。
 それと、今年初めて見たのが時差式という花火でしょうか、開いた菊の色が波紋のように変化するもの、これはきれいでした。思わず「あ~」と声が出ました。

↑二尺玉は肉眼で観たかったので、残念ながら撮影していません。
 やっぱ、花火が観られてよかったです。
 ものすごく蒸し暑い夜でしたが、不思議と花火が始まると涼しくなるんですね。
 私は来年も観たいと思っていますが、カミさんや息子はどう思っているのかな。

 帰りは駐車場までせっせと山道を歩いて、RT号とスポーツシティー2台で連なって帰りました。
 カミさん本当に久しぶりに自分のバイクに乗ったので疲れたみたいです。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

水郷佐原あやめ祭りに行きました

 おふくろのリクエストで6月11日に香取市で開催されている「あやめ祭り」に行きました。
 朝、出発時には雨がぱらついていたのですが、向かう途中で回復してくれました。

 混雑を予想して早めに出発したのですが、混雑はなく早く着いてしまったので、船で十二橋めぐりすることにしました。

加藤洲十二橋めぐり
 女船頭さんが操るサッパ舟に乗り込んで、水路をゆらゆらと進んでいきました。
 今回はちょうど5人だったので、一艘貸し切りです。

加藤洲十二橋めぐり
 昔は家の前の船着場を使って移動していたそうです。
 現在は観光客向けにお土産屋さんが途中にありました。
 お団子を買っちゃいました。
 加藤洲十二橋めぐりは約50分です。
 ちょうどいい時間潰しになりました。

 船着場に戻ってきたところで、隣にある「水郷佐原あやめパーク」に入場。
 今年の4月に「水郷佐原水生植物園」から名前が変わったそうです。

あやめ祭り
 今回のメインイベントである「嫁入り舟」の準備。
 お嫁さんがお婿さんにエスコートされ、さっぱ舟に乗り込むところです。
 このお二人さん、本当に結婚式を挙げるんです。
 手前の舟に乗っているのは親族のみなさんでしょう。

あやめ祭り
 あやめパーク内の水路をぐるりと一周しながら、来場者みんなから祝福されてました。
 実は新郎新婦と米俵の間にちょこんと巫女さんが一人座っているのですが、おじさんたちに人気でしたね。
 あやめ祭りの開催期間中、3組のカップルが本当に挙式します。昔、この地区ではみんなこんな感じでやってたそうです。
 とにかく、おめでとうございます。

あやめ
 パーク内のあやめ

あやめ
 いろんな色がありました。
 他には元水生植物園だけあって蓮の花も咲いてました。

白鳥
 そして、水辺には3羽の白鳥。
 住み着いているのでしょうか。

 嫁入り舟を見て、後から来た兄貴一家と合流し、子供たちを遊ばせたり、土産買ったりして昼になったので、みんなで食事に行くことにしました。

 私の方で、小見川駅の近くにある「魚平食堂」という所で海鮮丼でも食べようと決めていたのですが、行ってみたら1時間待ちの行列、小学校低学年3人と老人2人を伴っているので断念。

須田商店
 そこで兄貴から、近くに焼き鳥屋があるから、そっち行こうやということで、水郷のとりやさん「須田本店」に行きました。

須田商店
 このお店、基本的には鶏肉屋さんで生肉、焼き鳥などの調理したものを販売していました。
 ただ店内の一角にカウンター席とテーブル席があって、店内の焼き鳥などのショーケースに入っているもの、イートインメニューを注文して食べることができます。
 結構、ここも有名なお店のようです。

水郷どり照り焼きそぼろ丼
 私はメインに「水郷どり照り焼きそぼろ丼」を

焼き鳥
 サブに焼き鳥を適当にいろいろ注文しました。美味しい、コスパ良いです。この店。
 唐揚げはみんな合わせると35個くらいは注文したと思います。
 親父はダメなんですが、一族の子供たちは鶏肉が大好きです。

 みんな腹いっぱいになったので、両親を送るため成田空港方向に移動しました。
 夕方の便なので、途中で道の駅「くりもと」に寄って、ソフトクリーム食べたり、子供たちを遊ばせたり、土産買ったりしました。
 千葉は道の駅が多くてよろしいです。

 最後に成田空港へ。
 出発まで時間があるので、子供たちは展望デッキへ行き、スタンプ押したり、じゃれたりして時間つぶし。
 そして、国内線入口のところで両親を見送りました。
 あっという間の二日間でした。たぶん、おやじたちはもっと短く感じたことでしょう。
 両親は三重、息子家族はみんな千葉、さみしいことでしょう。
 今度はこちらから行かんとダメですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

成田山に行ってきました

 両親が田舎から千葉に出てきたので、兄貴一家と一緒に成田山の散策に行ってきました。

成田山新勝寺 狛犬
 正面の階段を上がったところに狛犬様

新勝寺 三重塔
 本堂の脇には三重塔
 親父のリクエストで境内に三脚立てて一族の集合写真を撮りました。
 親父曰く、「もう先が長くないので今のうちに集合写真を撮ってほしい」と、弱気なことを言うようになりました。

さぼんさま
 表参道を散策していると、「さぼんさま」という石鹸屋さんができてました。
 洗顔せっけんのようですが、プルンプルンのゼリーみたいでした。

川豊
 うなぎの川豊の店先でうなぎをさばいていました。
 これは、普通の光景です。

 この後は、休憩ということで、成田ゆめ牧場の濃厚なソフトクリームいただきました。

薬師寺 狛犬
 成田山と成田駅の間にある薬師寺
 ここの狛犬様は、かわいいワンちゃんでした。

薬師寺
 私は知らなかったのですが、この薬師寺、成田山の旧本堂だそうです。
 小さかったのですね。

 結構歩いたので、親父はへとへとになってました。
 実は、両親は成田山は初めてではありませんでしたが、自分の孫たち全員と一緒に散策することに意義があったのでしょう。
 おふくろの希望で次の日は水郷佐原のあやめ祭りに行くことが決定。
 みんなで夕食して、この日は解散しました。

 あやめ祭りへ続く


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

家族でマザー牧場に行きました ~ いろいろ体験

 千葉県富津市の山の中にある「マザー牧場」、カミさんと息子は一度も行ったことがないということで、ゴールデンウィーク後半の予定に入れました。
 職場の人から早めに行かないと、わけのわからん所にある駐車場に回されると聞いていたので、駐車場オープンの30分前を目標に行くことにしました。
 ゴールデンウィークは営業時間拡大に伴い、開園7:00、駐車場オープン6:30と朝早いので、私は3:30起きでした。

駐車場到着
 京葉道、館山道が朝早すぎて全く渋滞しなかったので、6時前に到着しました。
 ゲート前に車が1台止まっていたので、その後ろに付けたのですが、ゲートの係りの人が手招きするので、駐車料金を払って通過。
 駐車場オープン待ちのまま、寝てしまったようです。いつから待ってんだろ。
 駐車位置はまきばゲート直近最前列、グッドです。

開園
 車の中で朝ご飯食べたり、何だかんだしていると、あっという間に7:00の開園でした。
 開園前にゲート前で待っていると、スタッフが出てきてトークが始まりました。
 子供向けの施設なので退屈しないようにやっているのだと思いますが、スタッフの質問に答えた息子はマザー牧場のコースターをゲットしました。
 園内突入後は「食の体験工房」に直行して、バター作りやジャム作り体験の予約をしました。
 これらは早いもの勝ちで定員になったら締め切りなんです。
 ただ、時間が決まっちゃうので、他に見たい体験したいものとバッティングしないように、あらかじめ計画してから予約した方がいいです。

 予約が終わったら、場内を走っている「とんとんバス(有料)」に乗ってフルーツ農園に移動しました。歩いても行けますが上り坂を20分くらいかかります。
 目標のフルーツトマト狩りは先着200名ということなので、余裕をもってバスにしました。

フルーツトマト農園
 各時間、先着200名ということでしたが、バスのおかげで余裕でした。
 時間前にハウスの中から「お客さんいれていいですかぁ~」「いいよ~」と大きな声が聞こえてきて、若干早く入場。結構アバウトです。
 トマト狩りは狩りだけで、その場で食べることはNG。量り売りになります。
 1グループにハサミ1本なので、トマトの収穫は息子にやってもらいました。
 こういうところですから、それなりの値段になりました。

 トマト狩りを終えるとゴールデンウィーク特別イベント「羊の大放牧」を観るために、結構な斜面をヒーヒー言いながら歩いて移動しました。
 これも早めの移動です。
 イベントまで時間があったので、マザー牧場名物のソフトクリームを食べて休憩。
 イベント開始30分くらい前に広場のイベント正面規制線ギリギリの位置をゲットしました。
 スタッフの前説で何度も羊が突っ込んで来たら逃げるように言われました。
 イベント開始前にスタッフ等によるトークがあって待ち時間の退屈が軽減されてよいです。

羊の大放牧
 犬笛の音でイベント開始、広場の奥の方から150頭(と言われた)の羊が牧羊犬に追われて、ゴーっと突進してきました。
 そのまま突っ込まれたら、さすがにまずいと思うくらいの迫力でした。近くの小さいお子さんは結構怖がっていました。
 しかし、目の前のエサのところで急停止してくれました。

牧羊犬
 お仕事中の牧羊犬。かっこいいです。
 羊飼いのおじさんの指示に従って、猛ダッシュ、伏せを繰り返していました。
 ある程度、自分の意志で行動しているように見えるので、とても賢い犬だと感じました。

放牧中
 牧羊犬が羊を2集団に分けてくれたら、規制線が解除され羊の群れの中に人間たちが突入できました。
 途中、エサを求めて歩いてきた羊とぶつかりましたが結構脚に衝撃ありました。
 羊たちは広場の草に夢中で人間のことはほぼ無視で、そのおかげで触りたい放題でした。
 もふもふ、歩く絨毯でした。
 子供にとっては、イベント開始までの待ち時間の退屈を吹き飛ばすくらい、大喜びでしたね。

 今度は山を下りて、うしの牧場へ乳しぼり体験に行きました。

乳しぼり体験
 ここもお客さんの大行列。
 ホルスタインがスタンバイ。
 私はカメラ係に徹するため乳しぼりはしませんでしたが、カミさんと息子曰く、結構簡単に乳が出たそうです。
 前説で突然牛がおしっこをするので注意、尻尾を上げたら逃げてと言われましたが、係のおっちゃんが尻尾をつかんで上げているので、わからんやんと頭の中で突っ込みました。

 昼時はレストランが行列になるとの情報をキャッチしていたので、思い切って10:30に昼食にしました。
 ジンギスカンのBBQもあるのですが、山の上にあるスカイレストランに行きました。
 さすがに10:30だと待ち時間ゼロでした。

夢みるひつじカレー
 カミさんは「夢みるひつじカレー」

ハーフステーキとソーセージセット
 息子は「ハーフステーキとソーセージセット」

カツカレー
 私は「カツカレー」
 息子は肉がうめぇ~と言っていましたが、そりゃそうだろ!一番高いの食ってんだから!と突っ込みを入れてやりました。

山側の景色
 スカイレストラン屋上からの眺めです。
 これは山側、緑の大自然、お天気も良く素晴らしい眺めでした。

海側の景色
 これは、海側の眺めです。
 かすんでおりましたが、横浜が見えました。

 次に11:30から「うさモルタッチ」と思っていましたが、レストランに向かう途中すでに行列となっていました。
 うさぎとモルモットならそんなに人気がないであろうと思っていたんですが、それは間違いでした。
 うちに帰れば、うさぎが3匹待っていますから、ここはパス。

 空いた時間は、「山の上体験工房」でキーホルダー作りにしました。

革のキーホルダー作り
 私は、うさぎの皮キーホルダーを作りました。作ったというより穴開けて、刻印を打ち込んだだけですが、私はうさぎ年のしし座です。
 カミさんと息子は、押し花のキーホルダーを作りました。

フレッシュチーズ&バター作り
 次は、予約を入れておいた、フレッシュチーズ&バター作り体験。
 簡単に短時間にチーズやバターができちゃうんですねぇ。
 息子が作ったのを試食させてもらいましたが、結構おいしかったです。
 作ったものは傷みやすいので、お持ち帰りできませんが、レシピが記載された紙をお持ち帰り。

 園内はとても広くて、結構歩いたので、アグロドームで座って帰りの運転に備え居眠りしたり、そのままショーを観たり、小腹がすいたので外でケバブを食べたりして時間つぶしをしました。

ジャム作り
 この日最後のジャム作り体験。
 今回は私も参加。
 何故ならジャムが3種類あるからでした。
 私がブルーベリー、カミさんがいちご、息子がその2つのミックス。

ジャム作り
 ジャムってこんなに簡単にできるんですねぇ。
 あっという間にできてしまいました。
 あっちんちんのうちに瓶詰することで殺菌できるということで、ジャムはお持ち帰りできます。
 瓶に入りきらなかったジャムは、その場でクラッカーに付けて食べることができました。
 なぜか、私のブルーベリーは残らんかった。

 お土産に牛乳(普通のとジャージー種)、ソーセージ、ラスクもゲットしたし、5時ころに園を出発。
 ちなみに、牛乳やソーセージは早めに買わないとなくなっちゃうそうですので、早めに買ってゲート脇の案内所で再入場券をもらい、車に積んでしまった方がいいでしょう。クーラーボックスと保冷剤は持参の方がいいです。

 帰りも館山道でと思ったのですが、最寄りの富津中央ICから大渋滞のため、渋滞していない国道127号を走って、木更津南ICから館山道に入りました。
 しかし、市原ICから事故渋滞にはまりました。せっかくのゴールデンウィークで事故とは気の毒に思います。

 すっかり暗くなって無事に帰宅。
 楽しかったです。

うちのうさ
 ただいまぁ~、留守番してくれた、うちのうさぎたち(1匹はトイレ修行中のためケージ内)です。
 ふーちゃん!らーちゃんの背中に座り込んで、ふてくされてんの?
 しかも、お土産ありません。うさタッチはうちでできました。

 楽しい時間は過ぎるのが早いですねぇ。
 やり残したことがあるので、息子もまたマザー牧場に行きたいようです。
 まぁ、そんなに遠いところではないので、また機会があったら行きたいと思います。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村
プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR