FC2ブログ

オイルクーラーファン取付け

 今年の夏に向けてe-bayで入手したR1100RT-P用オイルクーラーファンをやっと取り付けました。

トップカウル脱
 いつもどおりトップカウルまで外しました。
 補助灯が付いたせいで、少し取り外しに手間が増えました。

オイル漏れ
 オイルクーラー入りの方の付け根からオイルが漏れていました。
 これは、うちのRT号の持病のようです。
 きれいにしてから、ちょっと止め具を締めておきました。

フェアリング脱
 インパネまで伸びている左右のダクトを外してから、オイルクーラーのフェアリングを外しました。

オイルクーラーファン取付
 オイルクーラーのフェアリングと取り換えるだけでした。
 純正なので左右のダクトもぴったりでした。

サーモスタット
 サーモスタットの配線
 何かもうごちゃごちゃになってしまいましたが、後でちゃんとまとめておきました。
 サーモスタットの配線は4本で、アクセサリー電源(+)、アース、接点2本です。
 温度センサーはオイルクーラー出口直近のホースに取り付けました。

サーモスタット
 エンジンを掛けて、アイドリングのまま放置したところ、サーモスタットの温度計は変化なく、RIDの油温計の目盛りは増えていき5目盛りまで行きました。
 この辺りは、Kachiさんから紹介のあった、エルフモトラッドさんの記事
にも出ていました。
 確かに5目盛りに上がってから、オイルが循環し始めるとサーモスタットの温度計はグングン上昇し、80℃位になったときにRIDの目盛りが6になりました。

 サーモスタットのトリガーを80℃に設定してみたところ、ファンが回り始めてもしばらく油温は上昇し90℃を超えたところで、温度が安定しました。
 ファンが回っていても油温が下がるほどの力はないようです。
 しばらくサーモスタットのトリガーを75℃にしてみて、通勤のときに様子を見てみたいと思います。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

tag : R1100RT バイク bmw オイルクーラーファン

オイルクーリングファン用の熱センサスイッチを買いました

 RT号のオイルクーリングファンをせっかく手に入れたので、温度センサを使って自動制御することにしました。

熱センサスイッチ
 ケース付きの熱センサスイッチ
 アマゾンで580円でポチっとしました。めちゃくちゃ安い!
 DC12V、-50℃~110℃の間で設定可能

熱センサスイッチ
 これが拡大
 プッシュボタン3つ(SET、+、-)で設定できます。
 端子はK0、K1はリレーの接点
 +12Vは電源、GNDはアース
 右上のソケットは温度センサーが接続されます。
 リレーからするとDC14Vで10Aまでのようです。

熱センサスイッチ
 付属のケースに入れるとこうなりますが、防水防塵ではありません。

テスト
 それではちゃんと動作するかモルモット用のクーラーでテスト
 冷却モードで30℃でスイッチが入るように設定しました。
 温度を上げるために近くにあったストーブを使いました。

 ヒステリシスパラメータ(不感帯)を2℃に設定しているため、32℃でスイッチが入りました。

 ストーブからセンサを離して温度を下げていくと30℃で切れました。
 不感帯を2℃にすることで、30℃を行ったり来たりしたときの入り切りを防いでくれます。

 さて、このセンサは110℃までなので、どこに取り付けるかです。
 RIDが6目盛りになったときに、ラジエター直近での温度が110℃以下に収まればいいんですが、やってみないとわかりませんね。
 今は仕事が忙しいので手が出せず、何とか夏までに取り付けたいと思っています。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : R1100RT バイク bmw オイルクーラー

フォグランプの配線を変えました ~ ハイビームに連動

 取付たフォグランプ、常時点灯で走行できるようにしようと思いましたが、どうもこのタイプはかなり下向きにしても対向車から見ると非常にまぶしいということがわかりました。
 ということで、思い切ってハイビームの光軸に合わせ、連動させることにしました。
 これならローより暗いと感じていたハイビームの補助になります。

ハイビームの配線
 赤丸で囲ったところにあるカプラーにハイビームにしたとき電流が流れる線を見つけました。

ハイビームの配線
 拡大すると矢印の先の白い線になります。
 この導線を分岐して、パネルに埋め込んだスイッチにつなげていたアクセサリー電源と交換しました。
 ロービーム時にフォグを使うことはなくなったので、ハイビームに連動させるかさせないかをスイッチで操作できるようにしました。
 これでハイビームがめちゃくちゃ明るくなりました。

ラバー補修
 今回、トップカウルを外したら、シールドの足が通るところのラバーがめくれてしまっていたので、この前シートの補修に使った黒ゴム接着剤で貼りなおしました。

ヘッドライトのシェード
 それと、時たま話を聞く、ヘッドライトのなかのシェードを調べてみることにしました。
 矢印の先のシェードのせいでヘッドライトが暗くなっているのではないかという話です。 

ヘッドライトのシェード
 H4の土台を外してみると、中にあるシェードは矢印のところに爪が出ていて固定されているようです。
 ヘッドライトのガラスレンズを外して、シェードの2か所の爪を伸ばしたら外せそうです。
 今回は外してテストしてという時間的余裕がないので、時間ができたらやってみようかと思っています。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : R1100RT バイク bmw フォグランプ

フォグランプ取付完了

 右側のフォグランプを取り付けて、取付完了しました。

フォグランプ取付
 左右のシリンダーの位置は前後にずれているので、シリンダーヘッドガードに取り付けると、当然右側のフォグが少しだけ後ろ側に付いてしまいます。
 金具の先の方に付けてしまうと、振動で重いランプが大きく揺れてしまうので仕方ないです。

フォグランプ点灯
 フォグランプを点灯させると、これはめちゃくちゃ明るい。
 このタイプのランプだとたぶん対向車に迷惑が掛かってしまいます。
 もっと下に向けるか、ハイビームに連動するようにした方がいいかもしれません。
 あまり下に向けると飾りになってしまうので、もともと暗めのハイビームに連動させるのが一番実用的かもしれません。
 ハイビームの配線から分岐させるため、今度トップカウルを外して配線し直しです。

シート補修
 シートのひび割れ、ロックタイトのゴム製品補修材で再補修しました。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : R1100RT バイク bmw フォグランプ シート補修

右のフォグランプ届きました

 私の手違いにより遅れて届いた、こう片方のフォグランプ
 残念ながら暗くなってから届いたので、取付作業できず。

フォグランプ
 家の中でできることをやりました。
 配線をコルゲートチューブに通して、さらに耐熱スリーブに通しました。
 これで、あとは配線に防水カプラーを付けて、ヘッドガードのステーに取付けて、光軸調整するだけです。
 配光はスポッとですが、常時点灯でも対向車にまぶしくなく、前方を明るく照らしてくれるような光軸調整を目標としています。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

tag : R1100RT バイク フォグランプ

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR