FC2ブログ

218dのパーキングブレーキスイッチが壊れました

 本日、カミさんから
    パーキングブレーキのランプが点かない
という連絡がありました。
 パーキングブレーキスイッチのパイロットランプとメーターパネルのランプ両方とも点かないとのことでした。
 ということはランプの玉切れではなさそう。
 このとき、嫌な予感がしました。
 218dは電動パーキングブレーキなので、もしかするとアクチュエータの故障か・・・
 これだと、間違いなく修理代高い。
 でも、カミさんが「スイッチの感触がおかしい」とも言っていたので、スイッチが原因ではないか・・・この際、そうであってくれと正直思いました。

 帰宅して確認
 確かにスイッチをブレーキをかける方向に引っ張るとスカスカで手ごたえなし
 当然、パイロットランプもメーターパネルのランプ点かず、アクチュエータが作動する音もしませんでした。

シフトレバーのブーツ
 早速、スイッチを確認
 あらかじめインターネットでセンターパネルの外し方を予習しておりました。
 まずは、シフトレバーのブーツを引っ張て外す。
 パネルを外すのに工具はいらんそうです。

センターパネル外し
 ブーツを外した穴を利用して、パネルの手前から上方向にバコッとパネルを外す。
 手前側に爪は上向きに1か所ですが、思い切って力を入れないと外れません。
 バコッと思い切って。
 次に、パーキングブレーキスイッチの上の曲面の左右2か所に上向きに爪があります。
 思い切ってバコッと力を入れたら、左側の爪の手前が割れてしまいました。泣きです。
 幸い化粧パネルは無事だったので、接着すれば見た目はわかりません。

 スイッチ類全部一緒に取れてくるので、コネクタを外して切り離します。
 エンジン掛けたまま作業すると、パーキングブレーキスイッチのコネクタを外したら警告音がポンポン鳴ってうるさいです。
 他のスイッチのコネクタを外しても警告は出ませんでした。

パーキングブレーキスイッチ
 さて、問題のスカスカスイッチ

パーキングブレーキスイッチ
 分解して機械部分を観察
 ブレーキ解除方向にスイッチを押すとちゃんと動きましたが、やはりブレーキ掛ける方向に引っ張ると中が動きませんでした。

パーキングブレーキスイッチ
 スイッチ部分を取り外してみると
 これですね。爪が折れています。
 しかし、こんなキャシャな爪では、耐久性がないのは当たり前ですね。
 BMWさん、最低10年大丈夫なスイッチにしてください。

パーキングブレーキスイッチ
 とりあえず、接着剤で修理してみました。
 だめです。すぐに折れてしまいます。
 ということで、スイッチを交換することにしましたが、純正で新品だと1万7千円くらい
 高いスイッチだ。
 幸いヤフオクに1つだけ中古品があったので、とりあえず落札しました。
 それでもスイッチにしてはお高いものです。
 しかも、同じものですから、また爪が折れる可能性は十分にあります。

応急処置
 とりあえず、スイッチが届くまで、スイッチ類だけ接続
 パーキングブレーキはスイッチ丸出し
 でも、パイロットランプが点いてるでしょう。むき出しスイッチを押せばちゃんとパーキングブレーキがかかります。
 もし、今後パネルを外す方いたら参考にしてください。
 パネルを固定している爪が3か所、上向きに付いているのがわかると思います。
 爪の位置がわかるだけでも作業は楽になると思います。


にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



tag : bmw 218d グランツアラー

なんと!!

 クラッチレバーを握ったら、プツっという感触の後、遊びが大量に増加しました。
 一応、クラッチは切れるようですが、信号待ちで乗りながらの調整で何とかなる量の遊びではありませんでした。
 これは、まさかワイヤーが切れる前兆か・・・
 左のミラーにクラッチレバーが映ったので、レバーを引いてみると
 なんと!!よってあるワイヤーの一部が切れてケバケバしている状態でした。
 自宅近くでよかったです。寄り道しようと思っていましたが、そのまま帰りました。

クラッチワイヤー断
 家に帰って降車確認。
 レバーの根元が首の皮一枚(数本)でつながっている状態でした。
 完全断裂まで時間の問題。
 早く注文しましょう。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

tag : クラッチワイヤー

まー君号が帰ってきた

 まー君号が戻ってきました。
 今回の大手術では、ヒーターコアからも冷却液漏れがあることが判明し、作業日数が伸びてしまいました。
 もちろん、その分追加費用も大きかったです。
 ともあれ治って戻ってきました。

エンジンルーム
 とりあえず、エンジンルームを見てみる。
 
冷却液リザーバタンク
 冷却液の緑色が濃くなった。
 見た目で変わったのはそれくらいですね。

冷却液配管
 冷却液の配管が車内に入っているところです。
 この奥にヒーターコアがあるのでしょうか。

74,404km
 今回は、前からエンジンチェックランプが点きっぱなしになっていたのも直してもらいました。
 VVTソレノイドを交換してもらっています。

 ヒーターコアから冷却液が漏れる事例はそんなにないそうです。
 この先、大きな故障がないことを祈るばかりです。


にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

tag : ヒーターコア

まー君号入院(つづき)

 土曜日にディーラーに持っていきました。
 ディーラーの人に症状を説明したところ、すぐに点検してくれました。

 飲み物を御馳走になりながら、ピッカピカの展示車をへえ~と見ていると、担当の方が戻ってきました。
 やはりエンジン周辺に漏れは見つからないとのことで、さらに詳しく点検するとのことでした。
 エンジンルーム内でないとすると嫌な予感・・・

 次に担当の方が戻ってきたときは、手に分解図らしきものを持っていました。
 ヒーターコアの隣あたりに赤丸が見えました。
 担当の方いわく、冷却液を車内に取り込んでいる配管とヒーターコアにつながる所のクランプが外れているとのこと。
 ヒーターコアの腐食という最悪な事態は免れたとしても・・・作業的に嫌な予感

 案の定、作業内容としては
     フロントダッシュボード脱着
     フロアーマット脱着、洗濯、乾燥(冷却液がしみ込んで臭うため)
     エアコン装置脱着
     ヒーターコアと配管のつなぐOリングとクランプの交換
     サーモスタット及び水温センサー交換
     冷却液交換
だそうで、1週間くらいかかる大手術だそうです。
 作業内容にサーモスタット類の交換が入っているのは、クランプが外れた理由が瞬間的に冷却液の圧力が上ったことが考えられるそうで、さらにその理由としてサーモスタットの動きが悪くなっている可能性があるからだそうです。
 ということでサーモスタットの動きも点検するそうです。

 とにかくディーラーの人は、もう乗らないで置いて行ってほしい的な感じでした。
 さすがに1週間クルマなしでは・・・
 幸いにもその日、代車が1台戻ってきたということでそあたりはクリア。
 大出費になりますが、直さんことにはお出かけもできんので渋々作業をお願いして帰りました。

 今回、オプションとしてエンジンの注意ランプが点灯したままになっていたので、その修理もやってもらうことにしました。
 VVTソレノイドというものの交換だそうです。

 それではディーラーから作業完了の連絡があるまで待つとしましょうか。


にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

まー君号入院

 本日から、1週間の予定でまー君号ことボルボV50がディーラーに入院しました。

 先日、まー君号で帰宅途中、水温計が振り切って、エンジン加熱の警告灯が点灯してしまいました。
 これって、オーバーヒートってやつですよね。
 雨は降っているし、用事があって急いでいただけにあせりました。
 なんじゃこりゃと思っているうちに水温計がヒュ~っと定位置に戻り、警告灯も消えました。
 誤動作なのかなと思いきや、しばらくするとまた水温計が急上昇しました。
 そして下がるを繰り返しました。

 その少し前に運転中、足元からゴボゴボという異音がしていたので何だろうとは思っていました。
 とりあえず根性出して、家まで帰ろうと暖房全開にしてのろのろ運転(アクセル踏み込んでも速度が出んかったです)
 熱気でガラスが曇ってきたため、雨の中窓全開で踏ん張りました。
 何とか自宅に到着したので、エンジンルームを覗き込むと冷却液が空になっていました。
 7月の車検でリザーバータンクごと冷却液を交換しているので、なくなるはずがないです。
 どこからか漏れているとしか思えませんでした。
 ライトをもってきてエンジンルーム内を観察しましたが、漏れている痕跡を見つけられませんでした。
 少しずつ漏れていたのでしょうか・・・
 車検から帰ってきてすぐにエンジンルームを見ましたが、その後は見ていませんでした。
 定期的にエンジンルーム内を目視で点検するべきでした。

 そのままでは修理に出すにも動かせないし、次の日も使う予定だったので雨の中RT号に乗り最寄りのホームセンターで冷却液を購入しました。
 そして、4Lほど補充しました。
 念のためオイルレベルもチェック、異常なしでした。
 それから、町内を時々エンジンに負荷をかけたりしてしばらく走らせましたが、水温計は安定していました。
 駐車場に戻ってから液量をチェックしたところ、若干減っていました。
 これは、補充直後なので液面が下がった可能性もあるので、なんとも。
 再度エンジンルーム内を見ましたが漏れ出しているような痕跡はなし。

 一晩おいて、次の朝、液量に変化なし。
 その日、使い終わってから液量をチェック、目で見てわかるぐらいの変化なし。
 やはり、少しずつどこからか漏れている可能性が高いと判断しました。
 ということでディーラーに持込むことにしました。
 エンジンルーム内の配管が劣化しているとか、接続部分のクランプが腐っているとか簡単に直せるものがいいなぁ~、ヒーターコアが腐って漏れているとかはやだなぁと思いました。

 ディーラーへ持ち込んだ結果は次回・・・


にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

tag : 冷却液 オーバーヒート

プロフィール

D-Type

Author:D-Type
ようこそ、いらっしゃい!
ドライブ、ツーリング、ものづくりが大好きです。
あと食べ物も!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
酒 (3)
最新トラックバック
月別アーカイブ
アルバム
広告
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR